<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

江東フェニックス、新人戦で大島クラブBに逆転勝利

JUGEMテーマ:スポーツ
江東フェニックス、新人戦で大島クラブBに逆転勝利!

9月20日(日)に夢の島球場で都大会出場をかけて、中学部の新人戦大会が行われた。江東フェニックスの対戦相手は大島クラブB。序盤での劣勢をはね返し、見事逆転勝利を飾った。

この試合、先発の村田周平が3回までに7点を失い、コールド負けも覚悟の苦しい展開となった。しかし、ここから江東フェニックスが底力を見せる。3回裏に4点、続く4回にも2点を返し1点差に迫る、リリーフした栗本善史も悪い流れを断ち切って、相手に追加点を与えない力投を見せ味方の反撃を待つ。

そして私がグラウンドに到着した6回裏についに逆転。まずセカンド強襲ヒットの間にサードランナーを迎え入れて同点とすると、ピッチャーでは不調だった村田周平が、この日5打点目となるヒットをセンター前に放って逆転。さらに坂平祐司が渋くライト線のヒットでつないで、盗塁で2塁に進んでいた村田がホームを踏んで2点勝ち越しに成功した。7回表は守備のミスなどで、同点のランナーの出塁を許すも、栗本善史が後続を抑えて勝利をもぎとった。

その後、準決勝は22日に亀六クラブBとの間で行われたが、こちらのほうは残念ながら2−4で逆転負け、惜しくも決勝進出を逃した。

このところ様々な思いが交錯して、選手たちにも迷いがあったようだが、この大会での経験は、もう一度、チームプレーの原点に立ち返る良い機会になったのではないだろうか。初戦の逆転勝ちの喜び、そして準決勝での逆転負けによる都大会出場を絶たれた悔しさをしっかりと受け止めて、彼らにはさらに飛躍すること期待している。

前を見て進もう! 決してあきらめるな!! 頑張れ、江東フェニックス!!!


力投する栗本善史。ピンチにも動じない強さは健在。秋のリーグ戦での活躍が楽しみだ。



逆転の一打を放った村田周平。彼には10番が良く似合う。くさらず、あきらめず、野球をもっと楽しんで欲しい。



最終回のピンチにマウンドに集まる選手たち。心を一つにする気持ちを失わなければ勝利は自ずとついてくるもの。ピンチも楽しめ。



最後のバッターを打ち取り整列する江東フェニックスの選手たち。悩め、考えろ、そして行動しろ。必ず道は見えてくる。



逆転劇を写すスコアボード。勝利、敗北、いろいろなことから彼は学び成長する。これからも私は彼らの成長を見守って行きたい。




2009.09.24 Thursday 19:55 | comments(0) | - | 
<< 東陽フェニックスAチーム、月島レインボーズと練習試合 | main | 第46回深川秋季大会の開会式 >>