<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

江東フェニックス、サンストリート杯大会で準優勝

JUGEMテーマ:スポーツ
江東フェニックス、サンストリート杯大会で準優勝!

10月18日(日)に夢の島球場にてサンストリート杯大会の準決勝、決勝が行われた。

この大会は、亀戸にあるサンストリート商店街がスポンサーとなり、江東区の中学生クラブチームを中心に、江戸川区、墨田区、台東区などからの招待チームを含めると合計20チームが優勝杯をめざして戦う大会だ。参加選手の対象は、中学2年生以下、まさに来年の地区大会、都大会の趨勢を占う新人大会だ。

シルバーウィークから始まったこの大会で、前回ご報告したように江東フェニックスは、順当に1回戦、2回戦を勝ち上がり、この日の朝の準決勝に臨んだ。

準決勝の対戦相手は七北クラブ、江東区に所属する強豪クラブチームだ。この試合、先発のエース栗本善史のキレのある速球が冴え7回を1失点に抑える。しかし、七北クラブの投手も素晴らしいピッチングで応酬、江東フェニックスは1点しか取れず、1−1のまま試合はサドンデスへ。ここで江東フェニックスが5点を先取、その裏、栗本善史が七北打線を1点に抑え込んで6−2で決勝進出を決めた。

一息入れる間もなく、墨田区のジュニアキラーズと優勝杯をかけて決勝戦がプレーボール。

江東フェニックスの先発は浅川拓実、このところマウンドでの落ち着いたピッチングが板についてきた成長著しい選手だ。この浅川拓実が、準決勝の栗本善史に続いて素晴らしいピッチングを展開、大型選手をそろえるジュニアキラーズ打線を、6回まで1失点に抑える。しかし、江東フェニックス打線も増間陵太のタイムリーで1点を挙げるのがやっと、相手投手の熱投にランナーを出しながらも、あと一本が出ない。

1−1の同点のまま迎えた7回裏のジュニアキラーズの攻撃。この回、ミスなどでランナーを許し、1死二、三塁のサヨナラのピンチ。この緊張する場面で、前の試合で8イニング完投した栗本善史がリリーフ。緊張する場面であればあるほど燃えるのがこの選手の特徴だ。まず、一人目を投ゴロ、飛び出した三塁ランナーを挟殺プレーでアウトにすると、続くバッターもショートライナーに打ち取りピンチを脱する。さすがとしか言いようのない火消しぶりだ。

準決勝に続くサドンデス、先攻の江東フェニックスが、宮崎崇史のヒット、死球や相手のミスなどで3点を奪い4−1とした。まずまずの点差だ。落ち着いて一つ一つアウトを取れば何とかなる。

しかし、あきらかに球威の落ちていた栗本善史にキラーズ打線が容赦なく襲いかかる。まず先頭の9番バッターがヒットを放ち1点を返されると、1、2番にはさらに追い討ちをかけるように連打され同点とされる。そして3番バッターには、アウトコースを無理なくライト前へはじき返されて4−5のサヨナラ負け。見ている方にとってもあっという間の4連打、あっという間の4失点、そしてサヨナラ負けだった。ボールにキレを失っているとはいえ、素直なバッティングで好投手栗本善史を攻略したジュニアキラーズに脱帽するしかなかった。

力尽きた形となった江東ファニックス。しかし、大会前のチーム状態を考えると、準優勝を勝ち取った意義は大きい。野球のスキルだけでなく、精神的にも強くなった江東フェニックスのさらなる成長と大躍進を確信した大会となったと言えるだろう。

もっともっと一生懸命に野球に取り組もう! 必ず結果はついてくる!! エンジョイ!!!


決勝戦で好投した浅川拓実。ピンチにも動揺することが少なくなった。さらに練習してもっと自分の投げるボールに自信を持って欲しい。



準決勝では完投、決勝でも7回のピンチにマウンドに上がった栗本善史(真ん中)。8回の連打によるサヨナラ負けは彼にとっては貴重な経験となったことだろう。負けて強くなれ!



準決勝、決勝とヒットを放った宮崎崇史。彼がクリーンアップの一角を占めることによって、チームの得点力がアップした。さらなる精進に期待したい。



準決勝の表彰を受けるキャプテンの村田周平。その後ろには激投を見せた栗本善史。優勝は墨田区のジュニアキラーズにさらわれたが、3位は七北クラブ、4位には亀六クラブと上位を江東区のクラブチームが占めた。



閉会式後に記念撮影。優勝できなかった悔しさを糧に、更なる飛躍をめざして欲しい。チャージ&チャレンジ、江東フェニックス!!




2009.10.22 Thursday 12:21 | comments(2) | - | 
<< 東陽フェニックスAチーム、関団連秋季大会ベスト8に進出 | main | 東陽フェニックスCチーム、深川秋季大会3回戦で元加賀に敗れる >>
管理人 (2009/11/02 11:18 AM)
2008年2月11日に辰巳球場で行われた試合のことでしょうか。あの試合はすごかった。7回表にスネークスが2−6の劣勢をはねかえして同点に追いついたが、東陽フェニックスがその裏にサヨナラ勝ちした試合ですよね。スネークスの闘志に東陽フェニックスはタジタジでした。あの時のスネークスのメンバーも野球をエンジョイしているのだろうか。
スネークスOB (2009/10/29 4:56 PM)
僕は小学校の最後の大会(送別大会)で東陽フェニックスと戦いました。あの試合は惜しくも負けてしまいすごく今でも思い浮かべます。