<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2月のプロ野球沖縄キャンプめぐり(横浜ベイスターズ編)

JUGEMテーマ:スポーツ
2月のプロ野球沖縄キャンプめぐり(横浜ベイスターズ編)

前回に続いて2月に訪れたプロ野球沖縄キャンプのご報告。今回は、横浜ベイスターズと東陽フェニックスOBの小杉陽太投手の特集だ。

練習内容を紹介すると、10時にスタートした練習は、選手全員でウォーミングアップの後に、ピッチャーはそれぞれグループに分かれてキャッチボール、投内連携プレー(重盗阻止、ランダンプレーなど)、基礎トレーニング(ピッチング前のトレーニング、体幹など)、ブルペンでの投げ込み、バッティング練習(ティー、バント、バスターなど)、野手はやはりグループに分かれ、投内連携プレー(外野手がランナー)にはじまり守備、打撃、走塁練習に汗を流す。そして、この日は、ランチを挟んで紅白試合が行われた。

最後にこの日の練習の仕上げとして、ピッチャーは個別練習やシャドーピッチング、野手は全員でロングティーを行い、さらに指名された選手が特打ち、特守でしごかれ、だいたい16時くらいに練習終了。本当に休む暇もなく練習が続いていた。ただし、三浦大輔投手のようなベテラン選手は、マイペースで調整を行うことが許されているためか、ファンからのサインの要望に応えながら14時くらいにホテルに戻っていた。前監督の大矢さんも姿を見せ、ホテルに戻る途中で三浦投手と談笑していた。

とにかくプロの練習は休みなし、高校野球も同じように長時間練習しているが、やはりプロフェッショナルと呼ばれる人たちと比べると、時間は同じでも、比較にならないくらい内容の質が異なる。次男の高校でも朝から晩まで何しているの、というくらい練習時間が長かった。しかし、実は練習よりも待ち時間が長かったりして、実際にボールに触る時間は極めて少ない。プロ選手は、高校、大学、社会人でエースやら4番を張っていた人たちの集まりなのだから、野球がうまいのは当たり前のことだが、これだけ量と質に富んだ練習をすればスキルはメチャクチャに上がるだろう。きっと練習の量と質は、読売巨人軍とはそんなに大差はないはずだ。

プロ野球のキャンプを見て思ったことは、長丁場でのペナントレースを戦うには、もちろん選手層の厚みによっても当然勝敗が左右されるのだろうが、やはり最後はリーダーシップやモチベーションのような目に見えないファクターが優勝の鍵をにぎるような気がした。先日、オープン戦でようやく勝利を挙げた尾花ベイスターズ。是非、本番では豊富な練習に裏打ちされた自信を、試合で思う存分に発揮してもらいたいと願っている。


この日に一軍に昇格した選手たちが朝のウォーミングアップ前に紹介される。東陽フェニックスOBの小杉陽太投手も、少し緊張気味に挨拶を行っていた。筒香嘉智選手のような注目新人選手には、マスコミも集まっていた。


トレーナーを先頭に全員でまずジョギング。小杉選手も元気良く走る。


準備体操の後もシャトルランやダッシュなど休みなくトレーニングが続く。毎日メニューが微妙に違っているところが、さすがプロ、ということだろう。外人選手たちも結構真面目に、そして楽しく取り組んでいた。



30分間はバリバリに休みなしで行われるウォーミングアップ。ジャンケンゲームやリアクションなども入れて、選手を飽きさせないメニューだった。


ウォーミングアップが終了すると、すぐに着替えてキャッチボール。もちろん移動はすべてダッシュ。三浦大輔投手と並んでキャッチボールをする小杉陽太投手。以前このブログで、小杉選手や私の長男の小学校の卒業式後に、横浜スタジアムへ読売巨人軍とのオープン戦を観戦に行った際に、小学生だった小杉選手が三浦選手にサインをねだって警備員に追い返された話を紹介した。その三浦投手と並んで同じ横浜ベイスターズのユニフォームを着て、キャッチボールをする小杉陽太投手を姿を見て、思わず感慨にふけってしまった。確かあの時に、私が「お前、将来ベイスターズは入ったら」なんてことを小杉選手に言ったの覚えている。この話を小杉選手は三浦投手にしたそうだが、縁の深さに感心されたそうだ。


投内連携の練習で順番を待つベイスターズ投手陣。背番号54は小杉陽太投手。背番号20はセットアッパーの木塚敦志投手だ。


投内連携の練習終了後、投手、内野が集まって尾花高夫監督とミーティング。尾花監督は、現役時代ヤクルトのエースとして100勝以上を挙げた選手だ。松岡投手や安田投手とともにヤクルトスワローズ投手陣を支えた(私の大学生時代だった)。また引退後も投手コーチとしても輝かしい実績を積み上げてきた尾花監督。今季は横浜ベイスターズの監督として、チーム再建を任された。



ブルペンで投げ込む小杉陽太投手。後ろで小杉投手のピッチングを見つめるのは山口俊投手だ。キャンプでは、間近でプロのうなるボールを感じることができる。


2年目の小杉陽太投手。フォークを修得してピッチングの幅が広がった。キレのある速球と多彩な変化球で先発の一角を担う投手に早くなって欲しい。


練習後に小杉陽太投手と記念撮影。この日は実戦を想定しながら86球を投げた。


メイングラウンドからサブグラウンドへの移動はダッシュ。小杉陽太さんも走る。


キャッチボールに向かう三投手。左から新人の加賀繁投手(上武大→住金鹿島)、小杉陽太投手、昨年日ハムから移籍した弥太郎投手(坂本弥太郎、浦和学院→ヤクルト→日ハム)。


キャンプでは、エースの三浦大輔投手が手を伸ばせば届くところでキャッチボールをしている。周りにはオーラのようなエースの風格を漂わせながらも、相変わらず若々しい。やはりハマの番長だ。


沖縄の青い空の下、横浜ベイスターズの看板をバックに走る小杉陽太投手。昨年末に長女が誕生して、ますます気合十分の小杉陽太投手、今年は彼の飛躍の年になることだろう。私も横浜スタジアムへ足を運ぶ機会が増えそうだ。



2010.03.16 Tuesday 14:39 | comments(0) | - | 
<< 2月のプロ野球沖縄キャンプめぐり(概要編) | main | 第40回関東団地少年野球大会の開会式 >>