<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

東陽フェニックスBチーム、富岡大会第三戦江東ファイターズ

JUGEMテーマ:スポーツ
東陽フェニックスBチーム、富岡大会第三戦江東ファイターズ!

10月10日(土)の10時から辰巳グラウンドにて、富岡大会第三戦となる江東ファイターズとの試合が行われ、東陽フェニックスBチームは、追撃もあと一歩及ばず残念ながら2−3で敗れた。ここまでの対戦成績は3戦全敗の東陽フェニックスだが、富岡大会は修行の場、失敗OK、とにかく多くの経験を積んで欲しいと思う。

簡単に試合を振り返ると、1回表に先発の平川光希が三連続四死球で一死満塁のピンチを招くが、ここからスイッチが入り、バックの好守もあって後続を抑えて無失点。続く2回表には一死二塁の場面で、三塁ゴロを5−3−6とボールを転送して、ダブルプレーを完成して波に乗ると、その裏、門内秀悟のタイムリーヒットで先取点を奪う。

しかし、3回表からリリーフのマウンドに上がった4年生の尾崎隆之介が、二死を取りながら二連続四球など二三塁とされると、相手キャプテンに長打を浴びるなどして、この回3点を失い逆転を許してしまう。東陽フェニックスも、最終回となった5回裏に、佐野颯穏のタイムリーヒットで1点差に迫るが、反撃もここまで、次打者が三振に打ち取られてゲームセット、2−3で惜しくも敗れてしまった。

この時期は、来春の江東大会に向けてチーム作りのために、とにかく多くの場面、ポジションを経験することが大切。初戦こそ大差をつけられてしまったが、三試合を終えて徐々にチームとして形となりつつある東陽フェニックスBチーム。冒頭に書いたように、試合に出場した選手には、失敗を恐れずに思い切ったプレーで立ち向かうことを期待している。

頑張れ、東陽フェニックスBチーム!

先発メンバーを発表するキャプテン佐野颯穏(東陽小5年)。土日は
発表の場、試合に出場できるよう、平日の個人練習を大切にして、
試合前にアピールして欲しい。

手をつないで気合を入れる東陽フェニックスBチームの選手たち。

元気良く声を出して整列に向かおうぜ。

プレーボールの前に、内野陣に声をかける勝原大進(南砂小4年)。

先発の平川光希(四砂小5年)は、少しずつだが制球が整って来た。
打たれても良い、バッターと勝負して行こう。

キャプテン佐野颯穏は最終回に1点差に迫るタイムリーヒットを放った。
しかし、ピッチングの方は、4、5回にマウンドに上がり無失点に抑えたものの、
4四球は反省ものだ。

トップバッターを務めた八木大地(南砂小4年)は、この日も2安打を放って
好調さをキープ。課題はチャンスでのバッティング。固くならず、平常心で
打席に立って欲しい。

ファーストで先発出場した土屋翔真(南砂小4年)は、2回表の守備で、
飛び出したランナーを好送球で三塁で封殺。あわてずナイスプレーを見せた。

門内秀悟(南陽小)はセカンドで先発し、2回裏には先生のタイムリーヒットを
放ち、守備でも再三好プレーを見せてくれた。

ライトで先発出場した平川優愛花(東陽小5年)は、2回裏に粘って
四球を選び、先制点の場面を作ることができた。

6番レフトの小杉太生(明治小4年)は、4回からはサードを守った。
今は色々なポジションを経験して欲しい。

尾崎隆之介(南砂小4年)は、3回表にリリーフのマウンドに上がり、
二死までは簡単に打ち取ったものの、そこから3点を奪われ手厳しい洗礼を
浴びた登板となった。しかし、どの投手も必ず通る道、3つのアウトを取る
厳しさを知ったはずだし、何よりも、この修羅場で切れることなく、
最後まで投げ切ったことが素晴らしい。次の登板に備えて頑張ろう。

途中からレフトの守備に入った山崎大翔(南砂小4年)は、コーチャーに
立っても元気良く声をかける。元気者が一人いるだけで、ベンチは大いに
盛り上がるのだ。

途中からライトの守備に入った山岸奏斗(南砂小4年)。パワフルなバッティングを
披露するためにも、もっともっとアピールして先発出場を狙って欲しい。

途中出場した平川空汰(東陽小4年)は、四球を選んで
出塁したものの、相手強肩キャッチャーに二盗を阻止された。
これも経験、走り放題のCクラスの試合と違い、ぴっちゃーは牽制もして
くるし、キャッチャーの肩も強い。その厳しい状況で盗塁を成功させて
こそ価値がある、ということを知って欲しいのだ。

代走で出場し、先制のホームを踏んだ川島寛貴(東陽小4年)。もっともっと
野球を覚えて、グラウンドを縦横に駆け抜けて欲しい選手だ。

三番センターの内橋由陽(東陽小5年)には、とにかく全力プレーを
期待する。打席ではフルスイング、守備では全力疾走。失敗を恐れず、
思い切ってプレーしよう。

敗れたものの、5年生は試合に慣れ、4年生は上級生のスピードに
徐々に対応できるようになってきた。負けて強くなる。頑張れ!


 
2015.10.16 Friday 10:13 | comments(0) | - | 
<< 東陽フェニックスOBの近況(渕上聖司さん、小林雄志郎さんほか) | main | 東陽フェニックスAチーム、サクラ野球クラブ(城東地区)と練習試合 >>