<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

東陽フェニックスAチーム、関団連読売大会準々決勝で敗退

JUGEMテーマ:スポーツ

東陽フェニックスAチーム、関団連読売大会準々決勝で敗退!

 

7月15日(土)の9時過ぎから多摩川ガス橋少年野球場にて、関団連読売大会準々決勝東陽フェニックス対不動パイレーツ(目黒区)の一戦が行われ、1回表に先取点を挙げた東陽フェニックスだったが、その裏すぐに逆転を許し、3回表に同点に追いついたものの、その裏に勝ち越されると、4回裏にはダメ押しのホームランを浴びて、残念ながら6回2対4で敗れ準決勝進出はならなかった。

 

この日は、朝から夏の太陽が照り付ける中でのプレーボールとなったが、両チームともに、集中力を切らすことなく、追いつ追われつの好ゲームとなった。

 

まずは、1回表に東陽フェニックスが、勝原大進の内野ゴロの間に、三塁走者のキャプテン八木大地がホームに還って先取点を奪い先手を打つことができた東陽フェニックスだったが、その裏、先発の八木大地が一死後に連打を浴び、さらに四球で満塁のピンチを招いてしまう。しかし、次打者を渾身の投球で投飛に抑えて二死とし、さらに次の打者も2ストライクまで追い込むが、粘る打者に三塁線を破られて2点を失い逆転を許してしまう。

 

2回表の東陽フェニックスの攻撃では、無死から山岸奏斗がヒットで出塁するも、後続が抑えられ同点機を逃してしまう。しかしそれでもあきらめない東陽フェニックスは、3回表に先頭の尾崎隆之介が四球で出塁、送りバントで二進してチャンスを広げると、八木大大地がライト線へ同点打となる三塁打を放つと、なおも逆転のチャンスが続くが、ここで3、4番が凡退して同点止まりとなった。

 

するとその裏、内野安打で無死の走者を許し、続くバッターには死球を与えて無死一二塁のピンチの場面で、小杉太生がリリーフのマウンドに上がる。熱のこもったピッチングで次打者三振に切って取り、さらに続くバッターも外野フライに打ち取ったかに思われたが、ここで痛恨の落球、再び勝ち越し点を与えてしまう。さらに、4回裏にも、ライトへの特大の柵越えホームランでダメ押し点を取れられてしまう。

 

5回表には、4回からリリーフのマウンドに上がった相手サウスポーから尾崎隆之介がまたも四球を選んで出塁、しかし、次打者が当てるだけのバッティングで併殺に倒れ、6回表も一死一二塁と攻めるが、後続が断たれて、結局、6回時間切れ2対4で敗れて準決勝進出を果たすことができなかった。

 

再三の得点機がありながら、取るべき時に得点できず、一方で、抑えるべき時に失点しまう、その差が2対4のスコアに表れた。大事な試合、強い相手になると、どうしても、攻める時に攻めきれず、守る時に守り切れずに、結果、悔しい負けを喫ししてしまうのが今のチームの特徴だ。勝ち上がると個々の野球のスキル、チーム力にはそんなに大きな差はないが、やはり勝負所での、一球の重み、一点の重要さへの執着心の差が出てしまうのだろうか。

 

あまり精神論では語りたくないが、ヤンキースの田中将大が、「気持ち」と言うように、勝負の分かれ目は、考えに考えた上で、最後は、我々スタッフも含めた勝利への執念、ということなのかもしれない。そんなことを考えさせれる一戦となった。

 

東京ドームへ行こう、ということを合言葉に臨んだ本大会だったが、残念ながら敗れてしまったものの、この負けから学ぶことは多く貴重な試合となった。選手たちには、単なる「一敗」と捉えずに、何が良かったか、悪かったのか、ということを自分自身で感じて野球ノートに記して欲しいと思う。

 

頑張れ、東陽フェニックス!

 

ピカピカの夏空の下での試合となった。

土曜日の朝の試合は、何も準備ができていないため、早めに集合して

グラウンドで汗を流した。

暑さも味方にして頑張って行こうぜ。

試合前に両チームのキャプテンが握手、声の大きさで負けないことだ。

リードオフマンの土屋翔真(南砂小6年)、走塁の感性を磨いて欲しい。

夏の日差しを遮るものは何もない、太陽光線を浴びてエネルギーチャージだ。

セカンドの門内秀悟(南陽小6年)は、初回の相手チームの猛攻を食い止める

プレーを見せた。

気持ちを前に向けることが大事、ガッツ出して行こうぜ、山岸奏斗(南砂小6)。

勝原大進(南砂小6年)には、味方の守備、相手の走者、グラウンドの

すべてを観察して好判断につなげて欲しい。

3回途中までマウンドを守ったキャプテン八木大地(南砂小6年)。

今回の不動パイレーツのように、取られたら取り返す気持ちの強い

チームには、得点した後にこそ、注意深く冷静なピッチングが

求められるのだ。

暑い中でも動きの良いプレーを見せた尾崎隆之介(南砂小6年)。

運動量では誰にも負けるな。

しっかりとボールを見てバントを決めた平川空汰(東陽小6年)。

苦手なことでも練習を積み重ねれば必ず上達できる。

3回途中からピンチのマウンドに上がり躍動感あるピッチングを見せた

小杉太生(明治小6年)。そろそろただ全力投球するのではなく、二死から好打者は

何を狙ってくるのか、とケースを考えながらピッチングできるようになろう。

暑い中でも常に仲間にアドバイスを送る左から林恒志、林映志(ともに枝川小6年)。

残念ながら準々決勝敗退となったが、選手だけでなく私にとっても

学びの多い試合となった。不動パイレーツには、是非、東京ドームで

優勝旗を獲って欲しい。

 

 

 

2017.07.19 Wednesday 11:36 | comments(0) | - | 
<< 東陽フェニックスAチーム、第11回ポップアスリートカップ初戦勝利 | main | 東陽フェニックスAチーム、金町ジャイアンツと練習試合 >>