<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

東陽フェニックスAチーム、金町ジャイアンツと練習試合

JUGEMテーマ:スポーツ

東陽フェニックスAチーム、金町ジャイアンツと練習試合!

 

7月16日(日)の14時から東グラウンドに葛飾区の強豪金町ジャイアンツをお招きして練習試合を行った東陽フェニックス、前日の試合同様に、取りべき時に得点できず、守るべき時にミスの連発で、2対8と大敗を喫してしまった。

 

この試合も、先手を打ったのは東陽フェニックス。2回表に山岸奏斗のヒットを足がかりに、一死満塁のチャンスを作るが、スクイズの失敗、凡打で、結局相手のミスからの1点のみしか挙げることができなかった。3回表から替わった長身ピッチャーからは、投げ下ろして来るピッチングに対して主軸バッターが次々とフライを連発、無死三塁のチャンスでも得点につなげられることができない。自分の役割を忘れて、つなぎ、献身的なプレーができなかったことが残念だった。

 

押し気味に試合を進めていたのもここまで、チャンスを次々に潰すと自ずと流れは相手チームに向いてしまうもの。3回裏には、内野がエラーを連発して先発のキャプテン八木大地の足を引っ張ってピンチを広げると、気持ちが切れてしまったのか、頼みの八木大地が相手中軸打線につかまって、この回、一挙4点を失ってしまう。

 

5回表に菅谷大翔のタイムリーヒットで1点を返すが、その裏には、リリーフした小杉太生が、ポンポンと二死を取ったものの、ここから急に崩れて3被安打2四死球の大荒れのピッチングで4点を追加され、さらに6回表からリリーフのマウンドに上がった相手エースの闘志あふれるピッチングに気圧されて手も足も出ずに試合終了、7回2対8と大きく点差をあけられて敗れてしまった。

 

金町ジャイアンツとは、前回の5月の練習試合でも相手エースに完璧に抑えられて完封負けを喫したが、あの時も、江東大会で準優勝した後、調子を落としてジャビットカップ江東大会では惨敗を喫し、翌週に全国大会東京都予選を控えて、「喝」を入れてもらって何とかベスト16まで勝ち進むことができた。

 

今回も、前日の残念な負け方を引きずり、最低な状態で同じ失敗を繰り返して完敗してしまったものの、前回同様に、練習試合ながら、全力で向かって来る金町ジャイアンツのおかげで、東陽フェニックスの選手たちは、再び「喝」を入れていただき、目が覚めたのではないだろうか。

 

ちょっとしたことで気づき、そして成長のきっかけをつかめることは良くあること。質の高い金町ジャイアンツの野球に触れることによって、東陽フェニックスの選手たちが、自分たちのやるべきことを見直し、自分たちの野球であるバッテリーを中心とした守りを固め、1点1点をコツコツと積み重ねる野球を取り戻してくれることを願っている。

 

そんな貴重な機会を与えてくださった金町ジャイアンツの選手、スタッフの皆さまには、心より感謝申し上げます。

 

7月23日(日)の10時から前半戦最後の大会である第54回深川春季大会決勝で深川ジャイアンツと優勝旗を争うことになっている東陽フェニックス。この大会では、Cチームの頃から四度深川ジャイアンツに苦汁を飲まされてるが、この三連休で学んだことを無駄にせず、つなぎの野球で優勝旗を奪って欲しいと思っている。

 

下手は下手なりに一生懸命にプレーすること。泥臭く、粘り強く一つ一つのプレーに集中すること。

 

そして最も大切なこと、仲間を信じて心を一つにして戦うこと。

 

頑張れ、東陽フェニックス!

 

この日も良く晴れて暑い日となった。

土屋翔真(南砂小6年)は、この日は4打数無安打、しかも3個のセカンドゴロと

三振と内容が良くなかった。野球は失敗のスポーツ、いつもヒットをかっ飛ばす

わけにはいかないが、悪いなりにチームに貢献できる方法を考えよう。

相手先発投手は、東陽フェニックス打線に対して真っ向勝負を挑んで来た。

勝原大進(南砂小6年)は、脚を高々と上げるフォームにチャレンジしている

ようだが、このフォームだけ見るとイマイチだなぁ。タイミングを取るのが

難しそうだ。

菅谷大翔(南砂小6年)は、5回表にタイムリーヒットを放ったものの、

他の打席は内容が良くなかった。固くなることはない、結果を恐れずに

思い切って行こう。

取られたら取り返す、強い気持ちが求められる。

山岸奏斗(南砂小6年)が打つと、得点力がグッと上がるが、この試合では、

スコアリングポジションに走者を置きながら、打点を稼ぐことができなかった。

マークがきつくなる中、さらにスイングに磨きをかけて欲しい。

2番手投手は、長身から速球を投げ下ろし、しかも強気のピッチングで

東陽フェニックスの得点機を、ことごとく潰した。

ライトで先発出場した林恒志(枝川小6年)は、守備ではエラーをしたものの、

その失敗を取り返すように、迎えた打席でセンターへヒットを放った。

代走で出場した平川空汰(東陽小6年)は、すかさず盗塁を決めてアピールした。

リリーフのマウンドに上がった小杉太生(明治小6年)だが、突如くずれる

悪い癖が出てしまった。アンテしたピッチングを身に付けて、真のエースを

めざして欲しい。

ショート、サードで安定した守備を見せてくれた尾崎隆之介(南砂小6年)。

どんな時でも、自分の強みを冷静に発揮できる、目立たずとも、そんな頼れる

選手になって欲しい。

キャプテン八木大地(南砂小6年)には、逆風が吹いていても、常に

チームの先頭で仲間を鼓舞できる存在になって欲しい。キャプテンがブスッと

していても、チームは盛り上がることはないのだ。

試合後、金町ジャイアンツの鈴木監督からアドバイスを受ける選手たち。

ご指導ありがとうございました。

金町ジャイアンツの選手たちと記念撮影。本当に野球大好きな選手たちが

集まった明るいチームだ。今お行われている夏の大会では、是非優勝してください!

翌日の海の日の祝日では、土日の試合の反省を生かして練習した

東陽フェニックスの選手たち。練習はウソをつかない。

頑張れ、東陽フェニックス!

 

 

 

2017.07.19 Wednesday 11:39 | comments(0) | - | 
<< 東陽フェニックスAチーム、関団連読売大会準々決勝で敗退 | main | 東陽フェニックスBチーム、新人戦深川予選で敗退 >>