<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

東陽フェニックスBチーム、新人戦深川予選で敗退

JUGEMテーマ:スポーツ

東陽フェニックスBチーム、新人戦深川予選で敗退!

 

7月17日(月)、海の日でお休みとなったこの日の9時から夢の島5面にて新人戦深川予選が行われ、東陽フェニックスは、前日の試合で深川パイレーツを破って勝ち上がって来た深川ジャイアンツと対戦、3回までに5点を奪われる苦しい展開となったものの、試合後半に猛反撃を見せたが、あと一歩及ばず3対5で敗れ、残念ながら江東大会へ進出することができなかった。

 

1回表の攻撃で、先頭バッターの大寺幸太郎(四砂小5年)が内野安打で出塁するが、得点につなげらず、逆のその裏、無死から外野のエラーで失点を許した東陽フェニックス。2回表にも、先頭の市川龍惺がヒットを放つが後続が抑えられて得点にすることができなかった。

 

この裏には、先発の佐俣快成が、一死から下位打線に三塁打を浴びて、さらに犠牲フライで1点を失い0対2とリードを広げられてしまった。3回裏からはキャプテンの佐藤優太をマウンドに送るが、3本の長短打とエラーも重なって一挙3点を奪われ、0対5と大きく引き離される苦しい展開。しかし、4回裏のピンチを市川龍惺の好守備で無失点に切り抜けると、5回以降は、落ち着きを戻した佐藤優太が、テンポの良いピッチングで相手打線を抑えると流れは東陽フェニックスへ。

 

5回表には大寺幸太郎の二塁打と佐俣快成のバントヒットで一三塁のチャンスを作り、佐藤優太の内野ゴロの間に大寺幸太郎がホームを踏んで、まず1点を返す。さらに最終回となった7回表には、水口大雅の三塁打が飛び出し、続く長谷川太一も二塁打で放って1点を追加、さらに三塁に進んだ長谷川太一が内野ゴロの間にホームに還り3対5と追い上げる。

 

しかし反撃もここまで。二死から佐藤優太が二塁打を放って出塁するも、後続が打ち取られて3対5で敗れ、残念ながら江東大会進出の道が断たれた。しかし、敗れはしたものの、後半の追い上げは、次につながる戦いぶりだった。このひと夏、鍛えに鍛えて、秋の大会で大輪を咲かせて欲しい。

 

頑張れ、東陽フェニックスBチーム!

 

ショートの大寺幸太郎(四砂小5年)は、堅守を見せて劣勢のチームを盛り上げた。

先発投手として、その後、サードの守備でも、一生懸命なプレーが

目を引いた。このひたむきさを、これからも大事にして欲しい。

センターで先発した治田和(四砂小5年)は、バッティングでは、粘り強さを

見せてくれた。粘って粘って出塁率を上げて行こう。

相手先発投手は、ピンチにも動揺することなく、落ち着いたピッチングで

東陽フェニックス打線を抑え込んだ。

この日は6年生が応援に駆けつけた。

3回裏からリリーフのマウンドに立ったキャプテン佐藤優太(四砂小5年)は、

立ち上がりを攻められたものの、その後は、しっかりと立ち直った。リリーフの

マウンドに上がったら、まずは全開、フルスロットルで相手バッターと勝負しよう。

セカンドの吉田慎作(四砂小5年)は、練習通りに、しっかりと中継プレーが

できた。練習の成果を試合で見せることは大事なこと。これも成長の一つだ。

市川龍惺(四砂小5年)は、4回裏の守備ではワイルドピッチでホームに

突入して来た走者を好送球で刺し、その後、持ち前の強肩で盗塁も阻止して、

ピッチャーの佐藤優太を元気づけた。

多加谷匠(四砂小5年)は、ヒットこそ出なかったものの、力強いスイングを

披露した。狙い球が来たらフルスイング、必ず結果が見えて来る。

ライトで先発出場した山岸優斗(北砂小4年)は、鋭いスイングで

ピッチャーの立ち向かった。せっかく上級生の試合に出ているの

だから、もっと声を出してアピールしよう。

水口大雅(南砂小4年)は、7回表に思い切ったスイングで三塁打を

かっ飛ばした。これからが楽しみなプレーヤーだ。

ベンチ前で佐藤監督が、選手たちに語りかける。

8月に米国にわたる大木幸太郎にとって、この試合は日本では最後の学童野球と

なった。内野安打に二塁打と2本のヒットを放ち、チームに初得点ももたらす

活躍を見せた。

打席でも、ショートの守備位置でも、気迫が伝わって来た。米国でも

野球を続けるそうだ。米国人のスピードにビビることなく、「夢」を持って

思い切りプレーして欲しい。

負けても胸を張って整列しよう。負けた時こそ、覚悟、今まで積み重ねて来た

ことの真価が問われるのだ。

この追い上げは次に必ずつながる。しっかり練習して、秋に結果を出そう。

試合前に東陽フェニックスOBの佐能凛平(深川八中2年、深川クラブ)が

挨拶に来てくれた。東陽フェニックスではキャプテンを務めたが、是非、中学野球でも

キャプテンを張って欲しいな。頑張れ。

 

 

 

2017.07.19 Wednesday 11:46 | comments(0) | - | 
<< 東陽フェニックスAチーム、金町ジャイアンツと練習試合 | main | 東陽フェニックスAチーム、水元ラビッツと練習試合 >>