<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

東陽フェニックスAチーム、台東フェニックスと練習試合

JUGEMテーマ:スポーツ

東陽フェニックスAチーム、台東フェニックスと練習試合!

 

7月29日(土)の14時30分から南千住野球場にて台東フェニックスと練習試合を行った。

 

1回表に先発の小杉太生が相手中軸バッターにつかまり、三連打を浴びて2点を失うが、その裏、無死満塁のチャンスをつかみ、強行策を選択するも、山岸奏斗のタイムリーヒットで1点を返すのがやっと。続く2回はお互い無得点だったものの、3回表には、小杉太生が先頭バッターに四球を与えると、またも主軸に連打を浴びて3点を奪われ1対5とリードを広げられるが、ここでもすぐに反撃、東陽フェニックスも菅谷大翔の三塁打などで2点を返して必死になって食らいつく。

 

4回表からは、秘密兵器の勝原大進がマウンドに上がるが、二死から一本調子になったところを上位打線に狙われて2失点のピッチング。またもリードを広げられたが、ここで東陽フェニックス打線が火を噴き、5安打を集中し、相手もミスも重なって大量7点を挙げて一気に10対7と逆転に成功した。

 

しかし、ここで終わらないのが東陽フェニックスらしいところ。5回表のマウンドに送った期待の土屋翔真が、この試合、なぜか突如ピッチングフォームを変えて、相手打線に対するが、それほど野球は甘くなく、2個の四球と2安打を浴びて、あっという間に同点に追いつかれ、ようやく下位打線相手にワンアウトを取ったところで、時間切れ10対10の引き分けで試合終了となった。

 

お互いに、取ったら取り返すの点取りゲームの野球を展開して、ちょっと締まりがないと言えば締まりがなかったが、ある意味、とても面白い試合となった。野球ではこういった荒れた試合もある。時間切れでゴングが鳴って、負けなくて良かった、という感じだったが、隅田川花火大会の喧騒を横目で見つつ、雨の降り始める中、帰路についた東陽フェニックスだった。

 

ところで、「自信」という言葉を辞書で引くと、「分の価値・能力を信ずること。自己を信頼する心。」と出ている。

 

選手たちに大会の大事な試合で自分の力を100%引き出せるよう「自信」を付けてもらうために、練習や練習試合を経験してもらっているわけだが、その過程で、メンタル面の「自信」や野球のスキル面だけでなく、仲間を思いやる気持ちや、敗北に向き合う謙虚さ、そして礼儀も身に付いて来ると信じている。

 

とりわけメンタルが左右する投手には、「打てるものなら打ってみろや」という負けん気と合わせて、この「自信」に裏付けられた鋼のような精神力が不可欠だ。体や技術は急に変わることはないが、この「自信」というものは、厳しい練習から得られると同時に、何かのきっかけでコツをつかんで、グッと自分の内から湧き上がって来るものだと思っている。

 

投手の「自信」はマウンドの結果でしか得られないもの、と言われるが、先に述べたように、「自信」とは、自分を信じることなのだから、人から与えられるものではなく、自分で勝ち獲るもの、内から湧き出て来るものなのだろう。

 

我々は、どうしても「自信持って投げろ」なんて、何の裏付けのないままに、軽々しく声をかけてしまうが、これは無責任なことなのかもしれない。大切なことは、機会を与えながら、子供たちの内から湧き出るものを、じっと待つことじゃないか、なんてことを、この試合を見ながら自分自身で再認識したものだ。

 

どうしても教えたがってしまう自分を抑えて、「自分で考える」という力を付けてもらうためにも、「沈黙、待つ、許すことの大切さ」をかみしめながら、それが「育む」ことにつながると信じて、これからも子供たちと野球に取り組んで行きたいと思う。

 

頑張れ、東陽フェニックス!

 

南千住グラウンドに到着すると、すぐにウォームアップを開始する

東陽フェニックスの選手たち。

ちょっと雲行きが悪くなって来たが、予定通りに試合開始だ。

ショートを守ったキャプテン八木大地(南砂小6年)は、再三の好守備を

見せて、ピッチャーを盛り上げてゲームが崩壊するのを防いだ。

一球一球投球に合わせて集中するセカンドの門内秀悟(南陽小6年)。

慌てず、落ち着いてプレーできるようになってきた。

平川空汰(東陽小6年)には、試合を通じて、スイッチのオン、オフの

切り替えをメリハリもって行って欲しい。せっかく良いプレーをしても、

次に気のないプレーをしてしまうと、本当にもったいないのだ。

相手先発投手は、荒球ながらも力のある速球を投げ込んで来た。バッティングセンスも

素晴らしい選手だ。

リリーフのマウンドに上がった勝原大進(南砂小6年)は、先頭の四球を与え、

甘く入った速球を踏み込まれ2失点。まずは、一球の重み、一つのアウトの

重要さを知るために、マウンドの経験を積んで行こう。

レフトで先発出場した林映志(枝川小6年)。打球の処理に手間取る場面も

あったが、これも経験、次に生かして行こう。

4回の猛攻では、つなぎの打撃にに徹してチャンスを広げた。

ファーストで先発出場した林恒志(枝川小6年)は、得意のバッティングで、

4回表の攻撃では先頭バッターとしてヒットを放ち大量得点の口火を切った。

積極的にスイングする姿勢が素晴らしい。

しっかりと第2リードもとって、ピッチャーをけん制して打者有利に導いた。

菅谷大翔(南砂小6年)は、この試合、強い当たりを放って、好調を

猛アピールした。

先発の小杉太生(明治小6年)は、主軸バッターに踏み込まれて長打を

浴びてしまった。なぜ?ということを、謙虚に考えて欲しい。打たれるには、

理由があるはず、タイミングを合わされているのならば、対策を考えてみよう。

土屋翔真(南砂小6年)は、とにかく迷い迷っているように見える。

迷った時こそ色々手を付けず、原点に帰って欲しい。本当に元に戻れなく

なってしまう前に、自分の強みに立ち返ろう。

台東フェニックスの選手、スタッフ、ご父母の皆さま、練習試合にお招きくださり、

まことにありがとうございました。途中、雨の中断もありましたが、とても楽しくプレーする

ことができました。引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

2017.08.03 Thursday 11:59 | comments(0) | - | 
<< 東陽フェニックスAチーム、ポップアスリートカップ三回戦に勝利 | main | 東陽フェニックス、大寺幸太郎君の壮行紅白試合! >>