<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

東陽フェニックスAチーム、準々決勝で千葉市原マリーンズ(市原市)に勝利

JUGEMテーマ:スポーツ

東陽フェニックスAチーム、準々決勝で千葉市原マリーンズ(市原市)に勝利!

 

8月14日(月)の12時2分からゼットエーボールパーク(千葉県市原市)で第2回コスモス大会準準決勝が行われ、東陽フェニックスは、先月行われた関東大会で優勝した強豪の千葉市原マリーンズと対戦、3回まで息詰まる投手が続いたが、4回裏に東陽フェニックスが先取点を奪って均衡を破る。しかし、5回表に先発の土屋翔真がピンチを迎え、抑えの切り札の八木大地にスイッチしたが、相手の粘りのバッティングに屈して同点に追いつかれてしまう。しかしその裏、二三塁のチャンスで打席に立った八木大地が、気迫のスイングで逆転の2点二塁打を放ち、再び勝ち越しに成功、7回の二死満塁の大ピンチも魂のこもったピッチングで最後のバッターをサードゴロに打ち取って、それぞれの選手が持ち味を生かした全員野球で勝利をもぎ取り準決勝に駒を進めた。

 

この試合、三回まで両チームの先発サウスポーが、堅い守備を背景に三者凡退に抑えて緊迫する投手戦、特に3回表には土屋翔真が二者連続の三振で締めると、その裏、相手サウスポーは東陽フェニックス打線を三者三振、お互い闘志をむき出しにして一歩も譲らない。

 

打順が一巡した4回に試合が動く。

 

4回表に二死から二連続安打でピンチを招くが、土屋翔真が強気のピッチングで後続を断つと、その裏、一死からその土屋翔真が死球で歩き、さらに菅谷大翔がライト前へヒットを放って一死一二塁のチャンスを作る。次打者が三振に倒れて二死となるが、続く山岸奏斗が、追い込まれながらも必死にバットを出してライト線へタイムリーヒットを放ち、待望の先取点を奪う。

 

しかし、さすが関東王者の千葉市原マリーンズ、先取点を奪った直後の5回表に反撃を受ける。下位打線相手に二死を簡単に取った土屋翔真だが、勝負を急いだのか、8番バッターに死球を与えてしまう。そんな心の隙を見逃すはずもなく、9番バッターにはヒットを浴びて傷口を広げると、ここで試合前の打合せ通りに、東陽フェニックスはキャプテン八木大地にスイッチ、火消しにかかるが、迎えた1番バッターに1ボール2ストライクと追い込んで、タイミングを狂わせようと投げたスローボールが内に入ったところを合わせられ、三遊間にヒットを浴びて同点とされてしまう。ピンチで好打者を迎えた時に、外角、内角、内角と速球で攻めて、最後は外角のスローボールで打ち取る、と練習前にバッテリー間で決めていたこと、それを実践して打たれたならば仕方のないことだ。

 

同点に追いつかれた東陽フェニックスだが、その裏、同じように下位打線がチャンスを作る。この回から替わったピッチャーから、先頭バッターの平川空汰が四球を選ぶと、門内秀悟が手堅く送って一死二塁とするとし、続く尾崎隆之介がヒットを放って、一三塁とチャンスを広げて、先ほど悔しい一球で同点とされた八木大地につなぐ。ここで初球に盗塁を試みた尾崎竜之介だが、相手の強肩キャッチャーの送球は、二塁ベース上へ、寸前で止まった尾崎隆之介が上手く一二塁間に挟まれて相手ミスを誘い、その間に、三塁走者の平川空汰がホームに還って、再び勝ち越しに成功する。

 

なおも続く一死二塁のチャンスで、前の回の失投の雪辱に燃える八木大地が、レフトオーバーのタイムリー二塁打を放って1点を追加。しかし、その後、一死二三塁と攻め立てた東陽フェニックスだったが、外野フライで三塁走者が得点を狙うも、相手の好守備に阻まれて、3対1のまま攻撃を終了した。

 

6回はお互い無得点に終わり、迎えた最終回の7回表に、相手下位打線に攻め立てられて、二死満塁のピンチを招くが、最後まで粘る相手を、キャプテン八木大地が渾身のピッチングでサードゴロに打ち取り、サードの小杉太生からの矢のような送球が、ファーストの山岸奏斗のミットに収まってゲームセット、東陽フェニックスが好ゲームを制して準決勝進出を決めた。

 

コスモス大会は、大会規定で試合時間が1時間20分と決まっているが、この試合、時間内で7回まで戦う緊迫した好ゲームとなった。お互いに持てる力を存分に発揮し、さらに攻守交替もキビキビして気持ちの良いプレーの連続だった。まさに、お互いに技と気力の限りを尽くし、ナイスゲームと呼ぶにふさわしい試合となった。

 

前日の野球の神様が微笑んでくれた逆点サヨナラゲームに続き、この試合は、お互いの持っているものをぶつけあったゲームとなったが、一球の重み、一つのアウト、プレーの重要さを、強く実感ことができた。緊迫した試合だからこそ感じること、得るものがある。東陽フェニックスの選手たちにとって貴重な試合となった。

 

また、野球は筋書きのないドラマと言われるが、一方で、試合の中で失敗をしても、それを取り返すことによって、ハッピーストーリーに書き換えることもできる。前述のように、事前準備の通りに進まないのも野球、だからこそ試合の中ですぐに切り替えて修正することが大切だが、その切り替えも準備あってこそもの、この試合でも、打合せ通りに攻めたものの同点打を浴びた八木大地が、その失投を取り返すべくタイムリーを放ち、最終回のピンチに一歩も引かないピッチングを見せてくれた。本人は無意識だろうが、たとえ一つのプレーで上手く行かなくても次にチャンスがある、という準備ができていたからこそ乗り越えられたのではないだろうか。

 

試合前の準備でゲームプランを立て、実際の試合で実行し、試合後はプランと実際のギャップを反省して次に生かす、そんなことが繰り返すことのできる選手をめざして欲しいと思っている。

 

明日の準決勝の相手は、大型選手を揃える前年チャンピオンの台湾チームだ。ピッチャーを中心に守りを固めて、チャンスをつないで得点する東陽フェニックスの野球を実践して欲しい。どんなに強いチームでも弱点は必ずある、観察して考え準備して、勝利をめざして欲しいと思うのだ。

 

頑張れ、東陽フェニックス!

 

試合前のウォーミングアップを入念に行う東陽フェニックスの選手たち。

この日も雨が予想され、13時15分試合開始の予定が繰り上がり、

12時2分試合開始となった。この試合が終了してグラウンド整備する頃に

雨が本降りとなった。

前の試合が終了し、準備入る東陽フェニックスの選手たち。

今日の最終戦となる第四試合に登場した東陽フェニックス。

両チームのキャプテンが握手、関東ナンバーワンチームの千葉市原マリーンズに、

どこまで東陽フェニックスの野球が通用するか、今までやって来たことの真価が

問われる試合となった。

キャプテン八木大地(南砂小6年)は、ショートで好守を見せ、5回裏には

タイムリー二塁打を放ち、リリーフ投手として最後を締めくくった。

キャッチャーの勝原大進(南砂小6年)は、バッティングでは相手のマークに

あって結果を出せなかったが、キャッチャーとしてピッチャーのみならず、

チームを引っ張った。

3番バッターの菅谷大翔(南砂小6年)は、追い込まれても、しぶとい

バッティングを見せ、勝負強さを印象付けた。

先制点を叩き出した山岸奏斗(南砂小6年)。波はあるものの、気持ちが

前に出るようになったことが嬉しい。

ネクストバッターズボックスで緊張をほぐす門内秀悟(南陽小6年)。

好守に加えて、5回裏には、しっかりと送りバントを決めて、勝ち越しの

足ががりを作った。

守りにつく選手たちに声をかける東陽フェニックスの選手たち。

一塁コーチを務めた林恒志(枝川小6年)。相手チームの内外野の守備位置を

確認して走者に指示を出す。

尾崎隆之介(南砂小6年)は、5回裏の攻撃でヒットでつなぎ、さらに頭脳的な走塁で

三塁走者をホームインを助けた。再び勝ち越した東陽フェニックスは、その後、八木大地の

二塁打で尾崎隆之介もホームに還って3対1とリードを広げることができた。

先発した土屋翔真(南砂小6年)は、5回途中まで投げて相手打線を

封じ試合を作った。関東王者相手に堂々たるピッチングだった。

4回裏の一死一三塁の場面で尾崎隆之介の頭脳的な走塁で、三塁走者の

平川空汰がホームに還って先取点を挙げた。回が進むにつれて、雲が

厚くなって来た。

5回裏の八木大地の二塁打でホームへ爆走する尾崎隆之介に、腕をぐるぐる回して

突入の指示を出す林映志(枝川小6年)。三塁コーチの指示次第で、チームの

得点力が大きく変わるのだ。

ダグアウトから声援を送る東陽フェニックスの選手たち。

7回表のピンチにマウンドに集まる選手たち。この試合でも、自分たちで

タイムが取れるようになった。

レフト先発し、サードも守った小杉太生(明治小6年)は、7回表の

二死満塁のピンチに、最後のバッターのサードゴロを軽快にさばいて

チームに勝利をもたらした。

山岸奏斗がウィニングボールを捕った瞬間、東陽フェニックスのベンチは

歓喜で沸き返った。

試合時間が1時間20分の制限がある中、お互い緊張感のあるプレーの

連続で、7回まで激闘を繰り広げた。まさにしびれる試合となった。

激闘を終えて両チームの選手が握手でゲームセット。千葉市原マリーンズは、

噂通りの素晴らしいチームだった。

いよいよ明日は準決勝、相手は台湾チームの西門国民小学棒球隊だ。

大会最終日まで勝ち残った喜びをかみしめつつ、思い切りプレーして

欲しい。

開会式から数えて大会5日目のこの日、夏見台アタックス、西門国民小学棒球隊、

磯部シャークス、東陽フェニックスがベスト4に名乗りを上げた。

前日の13日(日)には、春からの6年生の頑張りへのご褒美として食事会が開催された。

 

 

 

2017.08.16 Wednesday 15:21 | comments(0) | - | 
<< 東陽フェニックスAチーム、第25回コスモス大会三回戦で南総ボーイズをサヨナラ勝ち | main | 東陽フェニックスAチーム、準決勝で台湾チームに敗れるも第一回大会以来の三位入賞 >>