<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

東陽フェニックス、9月3日(日)の活動

JUGEMテーマ:スポーツ

東陽フェニックス、9月3日(日)の活動!

 

9月3日(日)は、大会もなく、またグラウンドの関係もあって久しぶりに全員で練習を行った。

 

前日は雨のため、4年生以下はお休みとなり、6・5年生のみが錦糸町でトレーニングの後、午後から雨も上がって北砂小で練習を行った。そして翌日のこの日は天気も上々、まさに秋晴れの下、全員7時30分に集合すると、まずは6年生は木場公園にランニングとトレーニング、そして5年生以下は千石グラウンドで練習を行った。6年生も10時過ぎには千石グラウンドに移動して練習となったが、30名以上の部員が集まって練習するのは本当に久しぶり、さらに体験入部の子供たちも参加して大いに盛り上がった。

 

午後は5年生はゴッドイーグルス(砂町連盟)と練習試合。この試合、0対0で迎えた5回裏に山岸優斗が出塁すると、治田和がバントで送ってチャンスを広げ1点を奪うと、先発した市川龍惺が剛球を唸らせ7回2安打無失点ピッチング、虎の子の1点を守り切って完封勝ちを収めた。その間、6年生と4年生以下は若洲グラウンドでしっかりと練習、これから迎える秋の大会に備えた。

 

その昔、今ほどグラウンドが確保できなかった時代があったが(今も四苦八苦しているのは変りないが)、東陽小で50名くらいが芋の子を洗うような状態で練習をしていたこともあった。しかし不思議なもので、狭い場所を時間割で効率的に利用し、チームもそこそこの成績を収めていた。

 

この日は久しぶりの全員練習で、グラウンドに響く子供たちの歓声を聞きながら、そんな昔を私一人が懐かしく思い出し、たまにはこんな日もあっていいな、なんてちょっとほのぼのしたゴキゲンな一日となった。

 

ところで前日行われた関団連東京支部大会の抽選会で、本大会(6年生以下)は桃五少年野球クラブ(杉並区)、ジュニアの部(5年生以下)は不動パイレーツと一回戦を戦うことに決まった。

 

昨年の同大会で、本大会では決勝こそ南大谷ドリームス(町田市)に大差で敗れたものの、春の朝日大会で優勝したオールシャインズ(町田市)を準決勝で破る殊勲を挙げ、ジュニアの部では、決勝で小金井ビクトリーとの接戦を制して優勝を飾ることができた。是非今年も上位進出を狙いたいところだ。

 

いよいよ秋の大会の対戦相手も決まり、気分も高まって来た。爽やかな秋空の下、ガツガツと野球を楽しもう。

 

頑張れ、東陽フェニックス!

 

東陽フェニックスの集合場所は区役所横の公園だ。

この日は、夏休みの朝練の表彰が行われた。80%以上の参加した選手が表彰された。

練習はウソつかない、秋の大会は、この調子で頑張ろうぜ。

表彰式の後は、Aチームキャプテンの八木大地(南砂小6年)が、コスモス大会の

感想文を全員の前で披露した。

午前中は千石グラウンド、午後は若洲で練習となった。

早々にランチを終えて遊びまくる6年生たち。元気な男の子たちだ。

左投げの練習をする小杉太生(明治小6年)。秋はこれで行こうか。

門内秀悟(南陽小6年)も、密かにピッチング練習を重ねている。

体操の後にランニング、午後の練習の始まりだ。5年生はゴッドイーグルスとの

練習試合に行ったので不在となった。

キャッチボールの前に、まずはぐるぐると肩回しをする林田諒太(四砂小4年)。

本間祐(四砂小4年)は、後輩も増えて来て、ちょっと逞しい顔つきなって来た。

水口大雅(南砂小4年)は、パワーもあって楽しみな選手だ。

大貫孝成(北砂小4年)は大柄な選手、体があるのは何にしても利点が多い。

大きく体を使えるように鍛えよう。

田中翔大(東陽小3年)は、来年のCチームを引っ張って行く選手だ。

ガツガツ行こうぜ。

野見山桔平(南砂小2年)は、夏休みの朝練で心身ともに鍛えられた。

秋の竹の子大会では、バリバリに活躍して欲しい。

佐俣良成(南砂小2年)は、学年なんて関係ない、今のCチームのレギュラーを

狙って欲しい。

日野太瑛(北砂小2年)も、いずれは東陽フェニックスの中心選手に育って

欲しい選手だ。厳しい練習にも付いて来て、もっともっと強くなれ。

面構えも頼もしい小林俊介(東陽小2年)。竹の子大会での飛躍が期待される。

加藤孔明(北砂小1年)は、私のようなジジイから見ると、ただただ可愛いの

一言、自分の息子たちが東陽フェニックスにお世話になった20年前を思い出させて

くれる。今から始めれば、メチャクチャ上手くなるぞ、楽しみだよね。

6年生も4年生以下も一緒にキャッチボールだ。キャッチボールは野球の基本、体の動きは

バッティングにも通じる。そして何よりも、相手を考えてボールをやり取りすることが、

野球を楽しむ上で、とても大切なことなのだ。ドッチボールではなく、キャッチボールをやろうね。

小林コーチが丁寧にフライ捕球の練習を指導する。上手くなったね、孔明!

フライ捕球に挑戦する2年生の選手たち。早く試合で試せるようにしようね。

6年生と4年生以下の選手で記念撮影。空もまさに秋空。「天高く馬肥ゆる秋」がやって来た。

5年生も戻って来て、グラウンド挨拶をして本日の練習も終了。日が暮れるのも早くなった。

良く頑張ったね。

秋の夕暮を背に全員で記念撮影。土日の練習で、また一段と逞しくなった気がする。

 

 

 

2017.09.05 Tuesday 08:36 | comments(0) | - | 
<< 東陽フェニックス、8月26、27日の活動(体験会、Nリトルズとの練習試合) | main | 東陽フェニックスAチーム、金町ジャイアンツと練習試合 >>