<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

東陽フェニックスAチーム、第11回ポップアスリートカップ5回戦潮見パワーズ、練習試合石浜ベースボール!

JUGEMテーマ:スポーツ

東陽フェニックスAチーム、第11回ポップアスリートカップ5回戦潮見パワーズ、練習試合石浜ベースボール!

 

9月10日(日)の9時30分から夢の島6面にて第11回ポップアスリートカップ5回戦東陽フェニックス対潮見パワーズの一戦が行われ、4対4のまま6回時間切れ終了、勝敗はサドンデスに持ち込まれたが、先攻の潮見パワーズに4点を奪われて追い込まれた東陽フェニックスだったが、その裏、打線が奮起して3安打を放って5点を取り返し、劇的な逆転サヨナラ勝ちを収めた。

 

潮見パワーズは、前週に5年生が江東区新人戦大会で優勝し、6年生も刺激受けて波に乗っているチーム。そんな勢いのあるチーム相手に、立ち上がり慎重に行かなけばならなかったが、1回表に先発の小杉太生が、先頭バッターにヒットを浴びると、浮足立ってしまったのか、その後、3つのエラーにヒットも重なって、いきなり3点を失う苦しい展開となった。このところ、立ち上がりに失点する悪いパターンが、この試合でも出てしまった形だ。

 

しかし、いつもと違ったのは、その裏すぐに土屋翔真のヒットを足がかりに1点を返すと、2回表にも、死球で先頭バッターを歩かせ、またも内野のエラーなどで1点を失うが、その裏には、相手投手の制球の乱れを突いてノーヒットで3点を奪い返して、早い回で、粘りの攻撃を見せて同点に追い付いたことだ。

 

その後は、小杉太生、そして2回途中からリリーフした相手投手ともに走者を許しながらも、お互い気迫のピッチングで無失点に抑え、4対4のまま6回時間切れとなった。ここまで、ほぼ同じペースで試合を進めてきた両チームは、サドンデスとなった7回は、ともに2番からの攻撃となったが、先攻の潮見パワーズにヒットで1点を奪われると、さらに満塁の場面で、次打者の内野ゴロで本塁併殺を狙ったが、キャッチャーからの一塁送球が大きくそれて走者二人が還り2失点、さらに三塁に進んだバッター走者も捕逸でホームインを許して、この回、一挙4点を失ってしまう。

 

しかし、ここで気落ちしないのが東陽フェニックス。

 

8月に行われたコスモス大会でも、4点差の劣勢を最終回にひっくり返してサヨナラ勝ちを収めたが、この試合でも、先頭の土屋翔真の内野安打で1点を返すと、あとはイケイケで、菅谷大翔の犠牲フライ、勝原大進、山岸奏斗の連続ヒットなどで同点に追い付き、最後は、暴投の間に勝原大進が逆転サヨナラのホームを踏んで、何とか勝利をもぎ取った。

 

勝手に勝利が転がり込んで来て準決勝進出を決めた東陽フェニックスだが、まさに結果オーライの勝利だった。内容を振り返ると、守りでは、ピッチャーの暴投や捕逸、そして内外野のエラーを合わせると9個もあり、自慢の守りは見る影もなく、また、攻撃でも「つなぎ」の意識が見られなかったばかりか、勝負所で決定的な走塁ミスもあって、ほとんど崩壊状態、荒れた試合となってしまった。

 

こういう試合を続けていたら優勝旗は程遠い。今までも、優勝まであと一歩に迫りながら、ここ一番での手痛い失投、守備のミス、走塁ミスなどで、するりと優勝が逃げてしまった経験を何度もしてきた。だからこそ、ラッキーな勝利だったね、と浮かれるのではなく、一人一人が、こういった荒れた試合を、しっかりと反省して、次の試合に臨んで欲しいと思う。

 

準決勝の相手は調布大塚ファイターズ(大田区)、細かいプレーを仕掛けてくるイメージのあるチームだ。9月18日(日)の敬老の日の13時30分から夢の島東グラウンドで、準決勝の試合は行われる予定だが、雑なプレーはやめて、いつもの「つなぎ」の気持ちを忘れずに、コスモス大会で審判部長に褒められたような、繊細で細やかな野球を見せて欲しいと思う。

 

ところで、この日、ポップアスリートカップの試合終了後、6年生は、台東リバーサイド球場で石浜ベースボールクラブと練習試合を行い、先発の土屋翔真が4回まで1安打無失点ピッチング、復活をアピールした。その後、勝原大進、八木大地の継投で、相手打線を完封した東陽フェニックスは、最終回となった7回表に門内秀悟、土屋翔真の連続ヒットで1点を奪い1対0で勝利した。

 

肩の凝る試合を続けた東陽フェニックスAチーム、勝利への執念、こだわりは強くなって来た。

 

下手は下手なりに一生懸命にプレーしよう。

 

頑張れ、東陽フェニックスAチーム!

 

さぁ、この試合も気合を入れて行こう。

すっきりした秋空が広がった。まずは、シートノックでエンジンかけようぜ。

整列を待つ東陽っフェニックスの選手たち。

潮見パワーズは6年生は大柄の選手が揃い、5年生は新人戦で優勝して

勢いのあるチームだ。

先発の小杉太生(明治小6年)は、粘りのピッチングで7回を投げ切った。

このあきらめない気持ちが勝利を呼び込んだ。

門内秀悟(南陽小6年)には、感性だけに頼らず、一つ一つのプレーを丁寧に、

考えてやって欲しい。相手にとって嫌がられる存在になって欲しいのだ。

キャプテン八木大地(南砂小6年)は、攻撃では良いところはなかったが、

堅実な守備を見せて、チームを落ち着かせた。他がバタバタしている中で、

安定した守備で大きく勝利に貢献した。

バッティングでも、このところ迷いが出ていた土屋翔真(南砂小6年)は、

この試合では、積極的なスイングで攻撃の起点となった。完全復活だ。

サドンデスで犠牲フライを放って追撃に勢いをつけた菅谷大翔(南砂小6年)。

しっかりとスイングできるようになって来た。

途中からレフト守備に入った林映志(南砂小6年)は、しっかり準備をしていたため、

すんなりと試合に入ることができた。

2回裏に四球を選んで同点の口火を切った山岸奏斗(南砂小6年)。

打席で闘志が出せるようになって来た。

サードで先発出場した佐藤優太(四砂小5年)は、攻めの気持ちを持って欲しい。

打席で気合を入れる平川空汰(東陽小6年)。しっかりバットは振らないと、ヒットは生まれない。

もっともっと自分で練習して強いスイングを身に付けて欲しいのだ。

ナイスプレーが生まれて笑顔でベンチに帰る選手たち。一つのプレーが

流れを変えるのだ。

ピンチを逃れた後は、ちょっと座って落ち着いてミニミーティングだ。

流れはこっちだ、行こうぜ。

4点ビハインド始まったサドンデスも、山岸奏斗のヒットでついに同点に追い付いた。

逆転サヨナラのホームを踏む勝原大進(南砂小6年)。どんな状況でも、決してあきらめず、

泥臭く勝利にこだわろうぜ。

準決勝の相手は調布大塚ファイターズ、仲間を信じて「つなぎ」の気持ちを持って戦おう。

ランチの後は、台東リバーサイド球場へ移動、石浜ベースボールクラブと練習試合を行った。

まずはウォームアップ代わりに、墨田川沿いの散歩道をジョギングする東陽フェニックスの選手たち。

隅田川沿いの散歩道からはスカイスリーの美しい姿が良く見える。

走り終えた後に、秋空に映えたスカイツリーをバックに記念撮影だ。

走るのが癖になって来た東陽フェニックスの選手たち、本当に持久力が付いて来た。

台東リバーサイド球場は両翼70メートルの本格的な少年野球場だ。

ダブルヘッダー上等、タフな選手になろうぜ。

先発の土屋翔真は、一球一球呼吸を整えて投げ、丁寧なピッチングを心がけた。

早く終えたい、ストライク取りたい、という余計な欲を捨てて、一球、ワンアウトを

大事にして4回を無失点に抑える好投を見せた。

相手先発サウスポーは、大きなフォームから伸びやかなボールを投げ込んで来た。

ファーストで先発出場した林恒志(枝川小6年)。強いスイングで対抗せよ。

両翼70メートルにラバーのフェンス、少年野球場として最高級だよね。

東陽フェニックスの秘密兵器、勝原大進の剛速球が唸る。

石浜ベースボールクラブの大崎監督から試合の講評を受ける東陽フェニックスの選手たち。

練習試合にお招きくださり、まことにありがとうございました。引き続き、どうぞよろしく

お願いいたします。

 

 

 

2017.09.11 Monday 17:01 | comments(0) | - | 
<< 東陽フェニックスAチーム、金町ジャイアンツと練習試合 | main | 東陽フェニックスAチーム、関団連東京支部大会一回戦で桃五少年野球クラブに勝利 >>