<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

東陽フェニックス、第54回深川秋季大会開会式、スーパーリーグ第8戦大島中央少年野球クラブ

JUGEMテーマ:スポーツ

東陽フェニックス、第54回深川秋季大会開会式、スーパーリーグ第8戦大島中央少年野球クラブ!

 

9月18日(月)の敬老の日の9時から、前日台風による雨で延期になった第54回深川秋季大会開会式が、台風一過の晴天の下、夢の島のクラブハウス前で開催された。

 

さすがにグラウンドは前日から未明にかけて降った猛烈な雨で使用できなかったが、少し風が強かったものの、クラブハウスの前の広場で一日遅れの開会式が盛大に行われ、東陽フェニックスの各クラスの選手たちも、先頭のキャプテンの声に合わせて元気良く行進を行った。

 

開会式後に行われる予定の深川秋季大会の試合は、グラウンド不良のために全て翌週以降に延期となったが、午後のスーパーリーグ最終戦となる第8戦は、大島中央若洲グラウンドで予定通り行われ、東陽フェニックスCチームが大島中央少年野球クラブを13対1の大差で降し、対戦成績を7勝1敗とした。東陽フェニックスが属するIブロック(今年はJブロックまでありIブロックは都内9チームでリーグ戦が行われた)では、久我山イーグルス(杉並区)、コンバッツ(中野区)と東陽フェニックスが7勝1敗勝ち点21で並んだが、得失点差でコンバッツが1位、東陽フェニックスは3位となった。

 

3月から始まった長丁場のリーグ戦も今月で終了、10月からは決勝トーナメントが始まるが、深川秋季大会とともに、頂点めざして頑張って欲しいと思う。

 

頑張れ、東陽フェニックス!

 

台風一過、秋晴れの開会式となった。

開会式に参加した東陽フェニックスの選手たち。

Cチーム(4年生以下)も元気良くガッツポーズ。

Bチーム(5・4年生)も頑張って行くぜ。

Aチーム(6・5年生)、6年生にとって最後の深川秋季大会だ、一戦一戦大事に戦おう。

6年生をバックに選手宣誓の練習をするキャプテン八木大地(南砂小6年)。

バッチリだね、自信持って行こう。

開会式までの空き時間で上級生と下級生が戯れる。なぜか泣きじゃくる佐俣良成を

勝原大進が慰める。

何か楽しそうだね。

おっ、Cチームもユニフォームが板について来た。

天気も最高、準備も万端、クラブハウス前で開会式が始まるぞ。

他のチームの選手たちと連盟旗を持って行進する勝原大進(南砂小6年)。

今大会での活躍が期待される選手の一人だ。

行進はAクラスから、キャプテン八木大地を先頭に元気良く行進する6年生。

Bチームの5年生は、前年準優勝のカップを持って行進だ。

CチームはCチームらしく、ちょっと恥ずかしげに行進するところが可愛い。

ABC全39チームが勢ぞろいだ。

Aクラス前年優勝チームの深川ジャイアンツから優勝旗が返還された。深川ジャイアンツは、

前日に行われたジャビットカップ決勝でオール麻布を6対5で破り、見事優勝を飾った。

優勝おめでとうございます!

Bクラスの返還では、前年準優勝の東陽フェニックスがカップを返還した。

台風一過の透き通った青空の下、キャプテン八木大地が堂々と選手宣誓を行った。

周りへの感謝の気持ちを込め、仲間を信じて最後まであきらめない野球を実践する

ことを誓った。

選手宣誓が終わり、ホッとした表情のキャプテン八木大地。

始球式で開会式は終了、次週から夢の島を舞台に熱戦が繰り広げられる。

選手宣誓の記念ボールを手にチームメイトと記念撮影するキャプテン八木大地。

12時30分からは、Cチームのスーパーリーグ第8戦大島中央少年野球クラブとの

試合が行われた。昼からは風も弱まり、残暑厳しい中での試合となった。

ヒットを放って塁上からサインを見る江口太一朗(北砂小4年)。

二塁走者の本間祐(四砂小4年)は、隙あらば三塁へ進もうと相手のプレーを見つめる。

タイムリーヒットを放った大河原陸人(北砂小4年)。スイングが力強くなって来たね。

1失点の好投を見せた林田諒太(四砂小4年)。攻めのピッチングに徹した。

内野に声をかける山岸優斗(北砂小4年)。常に先頭に立って、声とプレーでチームを

引っ張って欲しい選手だ。

ファーストを守る土田夏輝(四砂小4年)は貴重なサウスポーだ。左の利点を

最大限に伸ばして投打に活躍できる選手をめざそう。。

2年生の佐俣良成(南砂小)には、沢山失敗して、もっともっと上手になって欲しい。

ショートを守る依知川陽都飛(北砂小4年)。集中力のある時のプレーは素晴らしい。

持続力を付けて、チームの中心選手をめざして欲しい。

センターの水口大雅(南砂小4年)は運動能力の高い選手だ。自分の強みを理解して、

思い切ったプレーを見せてくれ。

 

 

 

2017.09.19 Tuesday 09:46 | comments(0) | - | 
<< 東陽フェニックスAチーム、関団連東京支部大会一回戦で桃五少年野球クラブに勝利 | main | 東陽フェニックスAチーム、第11回ポップアスリートカップ準決勝調布大塚ファイターズに勝利 >>