<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

東陽フェニックスAチーム、第11回ポップアスリートカップ準決勝調布大塚ファイターズに勝利

JUGEMテーマ:スポーツ

東陽フェニックスAチーム、第11回ポップアスリートカップ準決勝調布大塚ファイターズに勝利!

 

9月18日(月)の敬老の日に、14時30分から大島中央若洲グラウンドにて第11回ポップアスリートカップ東東京準決勝が行われ、東陽フェニックスは調布大塚ファイターズと対戦し、序盤に大量点を奪った東陽フェニックスだったが、最終回となった7回裏に猛反撃を受けて、楽勝ムードも一変、1点差に詰め寄られるも、辛くも逃げ切きって7対6で勝利、決勝進出を決めた。

 

先攻の東陽フェニックスが、1回表に制球に苦しむ相手先発投手から二死満塁のチャンスを作るも、あと一本が出ず無得点。逆にその裏、先発の小杉太生が内野エラーで走者を許すと、二死三塁の場面で、四番バッターに甘いボールをセンター前に運ばれて、早々に先取点を奪われてしまう。

 

しかし、0対1のままで迎えた3回表、一番から始まる好打順で、東陽フェニックスが猛攻を見せる。一二番が四球で出塁すると、一死後に山岸奏斗が三塁打を放って逆転に成功、続く平川空汰のヒットで山岸奏斗もホームに還って3対1とリードを広げる。さらに暴投と四球で二三塁と攻め立てると、代打の佐俣快成が渋い内野ゴロを放ってエラーを誘い2点を追加して、一挙5点を奪うことができた。

 

5回、6回にも1点ずつ追加点を奪い、7対1と大量リードを奪った東陽フェニックスだったが、最終回の7回表の得点機を、気が緩んだのか、雑な攻めで潰してしまうと、その裏、調布大塚ファイターズの猛反撃を受けてしまう。まずは、この回からマウンドに上がったキャプテン八木大地が、下位打線相手にまったくストライクが入らず連続四球を与えてドタバタ劇の始まりとなった。さらに急遽マウンドに上がった土屋翔真もストライクが入らずに四球で無死満塁。次打者のセンターへの犠牲フライで1点を返されると、またも二連続四球で押し出しで2点目を献上すると、一死満塁で迎えた三番バッターに、フルカウントから苦しまぎれに投げた甘いボールをライト線へ打ち返されて、走者一掃の二塁打を浴び、ついに1点差に詰め寄られてしまう。

 

一死二塁と追い詰められた場面で、ファーストの守備についていた小杉太生が再びマウンドに上がる。

 

その小杉太生は、表情も変えず、飄々とバッターとの勝負に専念。まず次打者をセカンドゴロに抑えて二死三塁とすると、最後のバッターの放った打球は、またもセカンドへの低いライナー、この難しいライナーをセカンドの門内秀悟が体を張って好捕して、何とか7対6で追いすがる相手を振り切って勝利することができた。

 

野球は筋書きのないドラマと言われるが、まさにこの言葉を地で行った試合となった。8月のコスモス大会、前週の潮見パワーズとの一戦で、東陽フェニックス自身がサヨナラ勝ちで不思議な勝利を経験したが、危うく今回は真逆の経験をするところだった。「勝って兜の緒を締めよ」、ウィニングボールを手にするまで、決して油断してはならない、ということを身に染みて感じたことだろう。

 

最後まで粘り強くプレーする、この言葉は、たとえ点差が離れた勝ちゲームであっても肝に銘じなければならない。

 

決勝戦はリトルジャイアンツ(葛飾区)と港クラブ(港区)の勝者と戦う予定だ。どちらが勝ち上がって来ても強敵であることに変わりはない。東陽フェニックスの選手たちには、このところ目立つ凡ミスを減らして、「守って勝つ」自分たちの本来の野球で決勝に臨んで欲しいと思う。

 

下手は下手なりに、泥臭く一生懸命にプレーする。

 

頑張れ、東陽フェニックス!

 

 

午前中は深川秋季大会の開会式、午後は場所を若洲に移して準決勝に

臨んだ東陽フェニックスの選手たち。

キャプテンの八木大地(南砂小6年)は、6回表に7点目となるタイムリーヒットを

放った。結果的にこれが決勝点となった。ピンチを招いた7回裏のマウンドは、彼にとっても

良い経験になったと思う。

勝原大進(南砂小6年)は、責任感の強さからか、このところバッティングで

力んでしまう場面が度々みられる。平常心で臨む、難しいことだが、自分一人で

決めようとせず、一死二塁であれば「積極的にセカンドゴロを打つ」、くらいの

楽な気持ちで打席に入って欲しい。

相手投手は、まさに大型右腕、指にかかった時の速球は、目を瞠るものがあった。

土屋翔真(南砂小6年)には、小さくならずに自分の強み(足の速さに真面目さ)を

プラスにして、思い切ったプレーを見せて欲しい。

ベンチが元気ならば、チームも盛り上がる。声を出して行こう。

セカンドの門内秀悟(南陽小6年)は、体を張った泥臭いプレーで

チームの勝利に大きく貢献した。そうなのだ、君のそのプレーにチームメイトは

勇気づけられて、さらに前を向けるのだ。

ファーストで先発出場した林恒志(枝川小6年)。失敗には必ず理由がある。

そこを突き詰めて、準備して試合に臨もう。

レフトで先発し、その後ライトの守備についた林映志(枝川小6年)。

いつも言っているが、バッティングは始動を早く、そして強いスイングで

ボールを打ち返せ。そのための練習をしようぜ。

三塁コーチャーを務めた菅谷大翔(南砂小6年)は、まずは、しっかりと

ケガを直して欲しい。そして、チームには、今できることで精一杯貢献して

欲しいのだ。

爆走する山岸奏斗(南砂小6年)。俊足を見せてくれ。

3回表に追加点となるタイムリーヒットを放った平川空汰(東陽小6年)。

遠慮は要らない、常に溌剌としたプレーを心がけよう。君ならばできるはずだ。

代打で出場し、追加点を奪う内野ゴロを放った佐俣快成(南砂小5年)。

学年は関係ない、もっと目をギラつかせて出場をアピールしよう。

この試合、ベンチ入りした5年生。佐藤優太(四砂小5年)にも、控えのキャッチャーで

満足していないで、もっと存在感を高めて欲しい。競争から生まれる闘争心は成長の大きな

原動力となるのだ。

7回裏の大ピンチにマウンドに集まる内野陣。一度相手に傾いた流れは、

猛烈な強い反発心と勝利への執着心を持たないと、容易に変えることは

できないのだ。

1点差に詰め寄られ、一死二塁で相手主軸バッターを迎える緊張する場面で、

マウンドに再び上がった小杉太生(明治小6年)は、勝利への執念を内に秘めて、

淡々とバッターとの勝負に集中した。バッターを見たら倒したくなる、という

投手の本能を持ち合わせている選手だ。この集中力のオンとオフが使い分ける

ことができれば、素晴らしい投手になれると思う。

調布大塚ファイターズの脅威の粘りには脱帽するしかない。ありがとうございました!

調布大塚ファイターズの打矢監督から激励を受ける東陽フェニックスの選手たち。

勝利のベビーもホッとした感じです。またお願いね。

 

 

 

2017.09.19 Tuesday 09:53 | comments(0) | - | 
<< 東陽フェニックス、第54回深川秋季大会開会式、スーパーリーグ第8戦大島中央少年野球クラブ | main | 東陽フェニックスAチーム、第54回深川秋季大会Aクラス一回戦豊洲ジュニアキング >>