<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

東陽フェニックスAチーム、第54回深川秋季大会で準決勝進出ならず、Dチーム初試合

JUGEMテーマ:スポーツ

東陽フェニックスAチーム、第54回深川秋季大会で準決勝進出ならず、Dチームは初試合!

 

10月1日(日)の13時から夢の島6面で第54回深川秋季大会二回戦東陽フェニックス対深川ジャイアンツの一戦が行われ、3回表に3点を奪われた東陽フェニックスは、粘りの攻撃で1点ずつ返して6回までに2対3と追撃するも、7回表にミスを連発してピンチを招くとタイムリーヒットなどで3失点、期待されたその裏の攻撃も、相手投手の巧みなピッチングに主軸打線が抑え込まれ無得点に終わり、残念ながら2対6で敗れ、Cチーム時代の春季大会から続けて来た連続の準決勝進出は叶わなかった。

 

この試合、2回までは両チームともに走者を出しながらも、要所を抑えられて得点を挙げることができず、緊迫した立ち上がりとなった。しかし、3回表の深川ジャイアンツの攻撃で、先発のキャプテン八木大地が先頭の9番バッターに四球を与えるも、キャッチャー勝原大進の強肩で二塁盗塁を刺して難を逃れたと思われたが、1、2番に連打を浴びてしまい、一死一二塁のピンチを招く。すると迎えた3番バッターの当たりは強烈な内野ゴロ、思わずよけてしまった当たりは、転々と外野の間を転がって、バッターランナーにもホームインを許してしまい3点を先取されてしまう。

 

その裏、東陽フェニックスもすぐさま反撃。先頭の門内秀悟が四球で出塁すると、土屋翔真の内野安打の間に一気に三塁を陥れ、土屋翔真も盗塁を決めて、無死二三塁と攻め立てる。しかしここから主軸バッターが相手投手の気迫のピッチングに抑え込まれ、内野ゴロで1点を返すのがやっと、チャンスを作っただけに残念な攻撃となってしまった。

 

4回表からマウンドに上がった小杉太生は、4回から6回まで、ヒット1本に抑えるほぼ完璧なピッチングを見せる。その間に、早く追いつきたい東陽フェニックスは、4回裏に無死1塁からのチャンスを潰したものの、5回裏には先頭の土屋翔真が四球で出塁し、主軸バッターが内野ゴロで倒れ二死三塁となったが、この場面で、小杉太生がセンター前にポテンヒットを放って、ようやく1点を奪うことに成功し、2対3と1点差に詰め寄ることができた。

 

6回裏にも無死の走者を出しながら、同点機を逃した東陽フェニックスは、7回表に先頭バッターをヒットで出塁を許すと、相手のバントの連続攻撃でミスを連発してしまい1点を失うと、さらに続くピンチにタイムリーヒットと犠牲フライで2点を奪われ、2対6と逆にリードを広げられてしまう。

 

その裏、先頭のキャプテン八木大地が、ヒットで出塁したものの、後が続かず、サヨナラの東陽フェニックスを再現することもなく、残念ながら二回戦敗退となった。

 

またも深川ジャイアンツに行く手を阻まれてしまった東陽フェニックスだったが、試合を振り返ると、やはり「不思議の負けなし」の言葉通り、6四球をもらい、すべての回で先頭バッターが出塁して、再三得点圏に走者を送りながらも、あと1本が出ず9残塁を喫したのは痛かった。また、ピンチの時に、失点につながるミスが出てしまったことも敗因の一つ、春の決勝戦と同じく、拙攻に拙守、攻守にわたるミス負けとなってしまった。

 

深川大会では春秋合わせて、深川ジャイアンツと毎回対戦し、今回は通算6度目の試合となったが、今回も勝ち名乗りを上げることができなかった東陽フェニックス。残念な結果に終わったが、いつも通りに、この試合を振り返って、反省し次につなげて欲しいと思う。

 

思い切り悔しがれ、そして何が足りなかったか考えよう。負けには理由が必ずあるのだ。まぁいいや、自分は、俺たちはこんなもの、と思ったら絶対に成長はない。なぜあの場面で体を張れなかったのか?なぜあのチャンスにあの甘いボールを見逃したのか?次に必ずこうしてやる。そこに気づけば、また大きく成長することができるのだ。

 

頑張れ、東陽フェニックスAチーム!

 

ところでこの日の午後に、3年生以下のDチームが初の練習試合を行った。5対15で敗れたものの、とてつもなくデカい可能性を秘めた選手ばかり、これからの飛躍が益々楽しみになって来た。とにかく今は、野球が大好きになることが大事、いっぱい失敗して、いっぱい泣いて笑って、野球を思い切り楽しもう。

 

頑張れ、東陽フェニックス!

 

この日、9時から行われたCクラスの試合では、越中島ブレーブス白と

Cチームが対戦、11対3で破って二回戦に進出した。二回戦の相手は深川パイレーツだが、

10月9日(月)の11時から夢の島5面で行われる予定だ。

秋の青空は透き通っていて美しい。

キャプテン八木大地を囲んで、この試合の先発メンバーを聞く東陽フェニックスの選手たち。

試合開始までの時間にウォーミングアップして準備万端整えるのだ。

これで深川ジャイアンツとは6度目の対戦だ。

とにかく思い切りぶつかって行こうぜ。

審判の背番号確認に応える東陽フェニックスの選手たち。

頭も体もフル回転して戦おうぜ。

さぁ、いよいよ試合開始だ、一番でグラウンドに飛び出すぞ。

天気もグラウンドも上々だ、後は野球を楽しむだけだ。

先発のキャプテン八木大地(南砂小6年)は、今まで深川ジャイアンツ戦で

好投するものの、味方の援護に恵まれず、1点差負け、2点差負けを経験して来た。

この試合でも、不運な当たりで失点したが、丁寧なピッチングを心がけた。

ベンチも盛り上がろうぜ。

ライトから声をかける林映志(枝川小6年)。思い切りスイング、思い切りチャージ。

ファーストの林恒志(枝川小6年)は、緊張気味ながらも、堅実なプレーを

見せてくれた。失敗を恐れずにプレーして欲しい。試合での結果は、日々の

努力と直結するということを、心がけて欲しいのだ。

深川ジャイアンツとの試合は我慢が必要。仲間を信じて落ち着いてプレーしよう。

トップバッターの土屋翔真(南砂少6年)は、全打席出塁してチャンスメイクした。

ようやく本来の粘り強さが戻って来た感じだ。

主軸の一角を担う山岸奏斗(南砂小6年)は、この試合、ヒットこそ出なかった

ものの、打席での気迫は凄かった。守備でも丁寧なプレーを見せてくれた。

サードコーチャーを務めた菅谷大翔(南砂小6年)。完治は近い。

平川空汰(東陽小6年)は、しっかりとバントを決めて得点圏に走者を送った。

一つ一つのプレーを丁寧にして、仲間から期待される存在になって欲しい。

この試合でも強肩を披露した勝原大進(南砂小6年)。相手の先のプレーを読み

ピンチの芽を摘む。そんな選手をめざして欲しい。

ガッツマン門内秀悟(南陽小6年)は、追撃ののろしとなる3回裏にホームを

踏んだ。試合の流れを変えることの選手をめざして欲しい選手の一人だ。

休部中の尾崎隆之介(南砂小6年)も応援に駆けつけくれた。

ショート先発し、4回表からリリーフのマウンドに上がった小杉太生(明治小6年)。

重要なポジションを任されているという自覚と気概を持って欲しい。

小杉太生の渋いヒットで2点目のホームを踏む土屋翔真。単発の攻撃で終わり、

相手のミスに付け込む力に欠いてしまった試合となった。

7回表のピンチにマウンドに集まる東陽フェニックスの選手たち。この回は、

1点差で裏の攻撃に入らなければならなかったが、ミスを連発して失点して流れを

変えることができず残念な結果となった。

試合終了後、握手する両チームの選手たち。深川大会では、Cチーム以来、6度対戦して

一度も勝てなかった。深川ジャイアンツには、是非、優勝をめざして欲しい。

試合後、門内コーチから話を聴く東陽フェニックスの選手たち。

負けたら走る(勝っても走るが)、応援に来てくれたOBの門内美澪(東陽中2年、バスケット部)も、

お父さまの門内コーチや選手たちとともに走った。

この日の12時30分から、ゴッドイーグルス若洲グラウンドで、初の練習試合を

行ったDチーム(3年生以下)。元気一杯にグラウンドに飛び出した。

マウンドに集まって何事か相談する選手たち。様になってるね。

5対15で敗れたものの、これから長い野球人生の始まりだ。エンジョイ!

あと3年もすると大きくなるんだろうね。はじめの一歩、おめでとう。頑張ろうぜ!

 

 

 

2017.10.03 Tuesday 08:36 | comments(0) | - | 
<< 東陽フェニックスAチーム、第54回深川秋季大会Aクラス一回戦豊洲ジュニアキング | main | 東陽フェニックスDチーム(3年生以下)、竹の大会一回戦で勝利 >>