<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

東陽フェニックスDチーム(3年生以下)、竹の大会一回戦で勝利

JUGEMテーマ:スポーツ

東陽フェニックスDチーム(3年生以下)、竹の大会一回戦で勝利!

 

10月8日(日)の9時からゴッドイーグルス若洲球場にて、第11回竹の子大会一回戦東陽フェニックス対上道ファイターズ(文京区)の一戦が行われ、追いつ追われつの接戦となり3回4対4のまま試合終了、大会規定により抽選での勝負の結果、当たりくじを5枚を引いた東陽フェニックスが、運も味方して初公式戦初勝利を挙げ二回戦進出を決めた。

 

先攻の東陽フェニックスは、1回表に一死から野見山桔平がヒットを放ってチャンスを作ると、盗塁を二つ決めてチャンスを広げ、二死から暴投の間に先制のホームを踏んで幸先良いスタートを切った。しかし、その裏、先発の佐俣良成が一死から死球を与えると、自らの暴投で同点に追いつかれ、2回裏には四球がきっかけピンチを招くと、上位打線に返ったところでタイムリーヒット浴びて1点を失い1対2と逆転されてしまう。

 

逆転された直後の3回表、先輩たちの「逆転のフェニックス」に続けとばかりに、すぐさま反撃。1番からの好打順に、まずは佐俣良成が相手エラーで出塁すると盗塁で三進、野見山桔平の内野安打でホームインして同点に追いつき、さらに四球でチャンスを広げて、小林俊介のタイムリーヒットも飛び出し、この回、一挙3点を奪い4対2と逆転に成功した。

 

しかし、ここで終わらないのが野球、低学年でも高学年でも変わらない。その裏に内野安打などで2点を失い同点に追いつかると、さらに二死二塁とサヨナラのピンチを迎えるが、ここはエースの佐俣良成が踏ん張って、次打者を投ゴロに抑え、時間切れ(試合時間は50分間)引き分けで終了、勝負は抽選に持ち込まれた。

 

抽選の結果は前述の通り、東陽フェニックスが当たりくじを1枚多く引いて勝利を勝ち取った。運も実力のうち、初公式戦で初勝利を見事飾った東陽フェニックスDチームの二回戦の相手は豊島区の古豪大塚スネークスだ。10月22日(日)の9時からこの試合と同じくゴッドイーグルス若洲グラウンドで行われる予定。是非、二回戦も失敗を恐れずに、仲間を信じて思い切りプレーして勝利をもぎ取って欲しい。

 

頑張れ、東陽フェニックスDチーム!

 

朝7時に集合して若洲に向かった東陽フェニックスDチームは、しっかりと

ウォーミングアップをして試合に備えた。

前日の雨もすっかり上がって、素晴らしい秋晴れの下での試合となった。

ダッシュもバリバリに行くぜ。

佐俣コーチの下に集まって気合を入れる。

キャプテン田中翔太(東陽小3年)が相手チームのキャプテンとジャンケンで

先攻後攻を決める。

さぁ、初公式戦だ、思い切り楽しんで行こう。

ベンチ前の整列も結構決まってるね。

キャプテン同士の握手、プレーボールがかかったらすぐに次のアクションに移ろう。

4番キャプテンの田中翔太は、1回表に出塁して次の塁を狙う。

5番の甲下優也(四砂小3年)は、3回表の猛攻で四球を選んで出塁、ホームにも

還って得点を挙げた。

相手ピッチャーは攻めのピッチングで東陽フェニックス打線を苦しめた。

東陽フェニックスのエース佐俣良成(南砂小2年)は、3回裏のサヨナラのピンチを

気迫のピッチングで切り抜けた。

キャッチャーの野見山桔平(南砂小2年)は、常に声を出して仲間を元気づけた。

1回表には、ヒットを放って先制のホームを駆け抜けた。

センターを守った日野太瑛(北砂小2年)は、3回表の攻撃で四球で出塁し、相手に

プレッシャーをかけた。

ベンチから声援を送る東陽フェニックスDチームの選手たち。

漆原大起(南陽小2年)は、ヒットこそ出なかったものの鋭いスイングを見せ、

3回表には四球を選んで出塁、盗塁を二つ決めて逆転のホームを踏んだ。

小林俊介(東陽小2年)は、3回表にセンターへタイムリーヒットを放った。

迷いのないスイングが素晴らしい。

見山晴(東陽小1年)は、2回表に内野エラーで出塁、盗塁も決めた。

体も大きくこれからの活躍が楽しみな選手だ。

治田匠(四砂小2年)はライトで先発出場、足も速く俊足好打の選手を

めざして欲しい。

途中出場した河野颯太(北砂小1年)。ニコニコ顔で守備位置につく。

私の息子たちも、初めは守っていて草むしり、20年前の姿と重なった。

4対4の同点で勝敗は抽選に持ち越された。先発選手がクジを引く。

当たりくじを5枚引いて勝利を喜ぶ選手とスタッフ。運も味方に付けて、

初公式戦初勝利を飾った。

この試合、4年生がベンチワークを手伝ってくれた。ありがとう。

上道ファイターズの選手、スタッフ、ご父母の皆さま、どうもありがとうございました。

これをご縁に練習試合など、よろしくお願いいたします。

しっかりグラウンド挨拶もできたね、一つ一つステップアップして行くのだ。

初公式戦初勝利おめでとう、二回戦も思い切りプレーしようぜ。

 

 

 

2017.10.11 Wednesday 12:47 | comments(0) | - | 
<< 東陽フェニックスAチーム、第54回深川秋季大会で準決勝進出ならず、Dチーム初試合 | main | 東陽フェニックス、10月9日の報告(ポップアスリートカップ東東京決勝港クラブ、深川秋季大会Cクラス二回戦深川パイレーツなど) >>