<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

東陽フェニックスBチーム、富岡大会第三戦深川レッドソックス

JUGEMテーマ:スポーツ

東陽フェニックスBチーム、富岡大会第三戦深川レッドソックス!

 

11月11日(土)の10時から都立三商グラウンドにて、富岡大会第三戦東陽フェニックス対深川レッドソックスの一戦が行われ、1回表に二死から先発の佐俣快成がホームランを浴びると、その後、不運な当たりも重なって打者1順で4失点と、またも先制点を奪われる苦しい展開となった。

 

しかし、その裏、佐俣快成のヒットを足がかりに2点を返し、さらに2回表は、先発の佐俣快成が三者凡退に抑えて谷直る下に思われたが、またも3回表に3連打を浴びて2点を失ってしまった。4回表からは、このところ成長著しい市川龍惺がマウンドに上がり、初回にホームランを放ったバッターに、またも二本目のホームランを浴びるも、1失点に抑えるピッチングを見せてくれた。

 

試合の方は、3回裏に1点を返したものの、4回裏からリリーフしたピッチャーを捉えきれず、結局、深川レッドソックスの協力打線に屈する形で5回3対7で敗れてしまった。これで対戦成績は、3戦して1勝2敗と負けが一つ先行したが、この試合でも、走者を出しながらも、次の塁に進めず、また、得点圏に走者を進めながらも、あと一本が出ず、というもどかしい攻撃が続いた。

 

また、前回同様に、ピンチで守り切れないことも課題の一つだろう。そして何より、試合中に声が出ないことが心配だ。負けても、下を向くことなく、前を向いて声を出しながら仲間を応援し、そして相手を観察して次に備える。4点差なんて追いつける点差、あきらめずに、もらったチャンスを一つずつモノにして、点を詰めて相手にプレッシャーをかける、そんなガムシャラさと粘り強さを兼ね備えた選手、チームをめざして欲しい。

 

あと4戦、失敗を恐れず、そこから学んで成長のきっかけをつかんで欲しい。

 

頑張れ、東陽フェニックス!

 

この日のゲームキャプテンは市川龍惺(四砂小5年)、先発メンバーを発表する。

先攻後攻のジャンケンに臨む市川龍惺。

天気も上々、元気出して行こうぜ。

先発の佐俣快成(南砂小5年)は、初回二死を取りながら、ホームランを打たれて

ペースを崩したのか、一挙4点を失ってしまった。でもこれも経験、野球は「切り替え」が

大切だ、ということをこういった経験で学んで行こう。

サードの吉田慎作(四砂小5年)には、俊足好打の選手をめざして欲しい。

必ずできる、チームスローガンを体現しようぜ。

ゲームキャプテンにキャッチャー、そして4回からはリリーフのマウンドにも

上がる大車輪の働きを見せた市川龍惺。でもこんなのへっちゃら、朝飯前の

お茶づけサラサラって感じでこなして欲しい。責任持つって大変だけど、やりがいが

あるよね。

ショートで先発、キャッチャーも務めた佐藤優太(四砂小5年)。自分は

チームの中心選手なのだ、という気持ちを強く持って試合に臨もう。

センターを守った治田和(四砂小5年)には、外野だけでなく、内野にも

チャレンジして欲しい。一つのポジションだけでなく、学童野球の間に、

二つ以上のポジションを守れるように取り組もう。

丹祐人(東陽小4年)は入部して間もないが、早速、レフトで先発出場。

打席にも立って色々な経験ができた。野球は「失敗のスポーツ」。一杯失敗して

成長して行こうね。

センターを守った長谷川太一(四砂小5年)は、Bチーム一の俊足の持ち主だ。

自分の強みを守備にも攻撃にも生かして欲しい。

平川美月(四砂小5年)は、スイングが鋭くなり、この試合でも

センターへヒットを放った。でもヒットを放って出塁しても、

今度は走塁ができないと得点にならないのが野球の難しいところ。

頑張ろうぜ。

途中から出場した大貫孝成(北砂小4年)。内野ゴロを放ってアウトになったものの

全力疾走を見せてくれた。レフトでは強いゴロを好捕。また楽しみな選手が増えた。

3対7で敗れたが、得たものも大きい試合となった。「負けて強くなる」、

思い切り行こうぜ。

ここからは、Dチーム(3年生以下)のご報告。11月5日(日)に晴海グラウンドで

竹の子大会二回戦大塚スネークスとの一戦が行われ、3対5で敗れたものの、

全力プレーで大いに楽しんだ。

さぁ、試合開始だ。失敗恐れず、思い切り声を出して行こう。

秋晴れの下、素晴らしいグラウンドでの試合となった。

敗れたものの、来年が楽しみな試合を披露してくれた。頑張れ、東陽フェニックスDチーム!

11月12日(日)には深川秋季大会Cクラス準決勝が夢の島5面で行われ、

東陽フェニックスは元加賀と対戦した。14時45分と遅めの開始となった。

先発の林田諒太(四砂小4年)は、元加賀の強力打線に速球で真っ向勝負を挑んだ。

キャプテンでキャッチャーを務める山岸優斗(北砂小4年)は、大きな声で

チームに気合を入れる。

0対2で敗れ決勝戦進出はならなかったが、この1年で大きく成長した姿を

見せてくれた。この冬、さらに鍛えて来年は優勝をめざそう。

 

 

 

2017.11.15 Wednesday 16:17 | comments(0) | - | 
<< 東陽フェニックスAチーム、関団連東京支部大会Cブロック決勝で勝利、ベスト8進出 | main | 東陽フェニックスBチーム、富岡大会の結果(豊洲ジュニアキング、江東ファイターズ) >>