<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

東陽フェニックスAチーム、4月の練習試合

JUGEMテーマ:スポーツ

東陽フェニックスAチーム、4月の練習試合!

 

4月7日(土)に東砂モンキーズ、4月14日(土)に三砂少年野球クラブ(ともに砂町連盟)と練習試合を行ったので、そのご報告。

 

まず、4月7日(土)の13時から若洲で行われた東砂モンキーズとの練習試合では、東陽フェニックス打線に火が点いて13点を奪う猛攻を見せて、13対5で勝利することができた。

 

先攻の東陽フェニックスは、初回こそ三者凡退に終わったものの、2回から3回まで、それぞれ4点以上の得点を挙げ、治田和、平川美月も快打を飛ばして着実にチャンスをものにすることができた。

 

一方、守りの方は、先発の市川龍惺が、下位打線に無死から四球を与えてホームランを浴び、また、失策がらみの失点もあって、いま一つピリッとしなかった。

 

翌日に江東大会一回戦を控えた4月14日(土)の13時30分から夢の島6面で行われた三砂少年野球クラブとの練習試合では、1回表に先発の市川龍惺が先頭バッターに二塁打を浴びると、内野のエラーであっさりと先取点を献上してしまう。さらに佐藤優太にスイッチした4回表には無死からヒットを浴びると、盗塁、捕逸で三塁まで進まれて内野ゴロの間にでホームインを許してしまい、守りで粘り強さを発揮できなかった。

 

攻撃の方も、6回まで三人の投手に散発の三安打に抑え込まれ、チャンスらしいチャンスを作れず、フラストレーションのたまる状態が続いた。

 

そんな中、6回表からは、佐俣快成がマウンドに上がり、走者を許しながらも、先頭バッターを打ち取ったせいか、無失点に抑える好投を見せる。すると、最終回となった7回裏に、ようやく東陽フェニックスも反撃開始。この日、先発出場の5年生の丹裕人がヒットで出塁すると、続く山岸優斗が右中間へ三塁打を放って1点を返すと、さらに、一死後、平川美月が野選で出塁して盗塁も決め、一死二三塁のチャンスを作る。ここで長谷川太一がレフト前へ同点タイムリー、さらに、勢いが付いた東陽フェニックスは、佐俣快成がサヨナラヒットをレフトへはなって3対2でサヨナラ勝ちを収めることができた。

 

最後の最後で粘り勝つことができた東陽フェニックス、泥臭い野球を展開できたことは収穫だろう。不細工な勝ち方だが、必死になって「つなぐ気持ち」を出すことができた。、明日から始まる江東大会に良い気分で臨めるのは確かなこと、ここまで来たら勝ち方にこだわる必要はない、是非、上をめざして欲しいと思う。

 

粘り強く、そして泥臭くプレーしようぜ。

 

仲間を信じて心を一つにして戦えば、怖いものなんて何もない。

 

頑張れ、東陽フェニックス!

 

4月7日(土)の東砂モンキーズとの連取試合。江東大会の開幕も近づき、そろそろガツガツと行きたいところだ。

元気出して行こうぜ。

センターの長谷川太一(四砂小6年)、ひつつ一つのプレーを大事にしようね。

この日、セカンドを守った5年生の丹裕人(東陽小)。入部したのは遅かったが、

急速の進歩を遂げている。

ファーストで先発出場した5年生の江口太一朗(北砂小)。パワーが強みの一つだ。

三塁ランナーでホームを狙うキャプテン佐藤優太(四砂小6年)。

先発の市川龍惺(四砂小6年)は、下位打線を迎えて無死から四球を出し、

そして次打者にホームラン、せっかく味方が先取点を取ってくれて流れを

作りたい場面でのこと。身を縮めて反省しております。

振り鋭くなった治田和(四砂小6年)は、レフトへ二塁打を放った。

リリーフのマウンドに上がった佐俣快成(南砂小6年)も、下位打線につかまり

2失点、いま一つピリッとしなかった。

途中からファーストの守備に付いた5年生の大貫孝成(北砂小)。もらったチャンスは、

失敗を恐れず思い切りプレーして欲しい。

東砂モンキーズの皆さん、若洲にお越しくださり、ありがとうございました。

明日から始まる江東大会では、お互い頑張りましょう。

試合後、明日の開会式に備えて行進の練習をする東陽フェニックスの選手たち。

4月14日(土)の三砂小少年野球クラブでの練習試合。試合前に記念撮影する両チームのキャプテン。

この日は、9名で試合開始、人数が少なくても関係ないね。

先発の市川龍惺は、初回に1点を失ったものの、徐々に調子を上げることができた。

サードを守る吉田慎作(四砂小6年)。野球にエラーはつきもの、エラーした後が大事なのだ。

いつもポーズでセンターの守備につく長谷川太一。もっと楽に構えられないだろうか。

この試合もファーストで先発出場した江口太一朗。上級生の試合に出て、

一杯経験を積んで欲しい。

同様に5年生の丹裕人も5番セカンドで先発出場。7回裏のサヨナラ勝ちのお膳立てもした。

キャッチャーを務めたキャプテン佐藤優太。誰でも2つ以上のポジションを経験することが東陽フェニックスでの目標だ。難しいポジションだがチャレンジして欲しい。

ライトで先発出場した5年生の水口大雅(南砂小)。快足を飛ばして内野安打を放った。

ライトで途中出場した平川美月(四砂小6年)は、7回裏に野選で出塁、後続につなぐことができた。

6回からリリーフのマウンドに上がった佐俣快成は、テンポの良いピッチングでチームにリズムを作った。

7回裏に反撃とのろしとなる三塁打を放った5年生の山岸優斗(北砂小)。チームに勢いを付ける貴重な一打だった。

三砂少年野球クラブの皆さん、夢の島までお越しくださり、ありがとうございました。

明日の江東大会では、お互い全力を尽くしましょう。

 

 

 

2018.05.08 Tuesday 13:49 | comments(0) | - | 
<< 東陽フェニックスOBが来訪 | main |