<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

東陽フェニックスAチーム、江東区民大会1回戦江東ファイターズ

JUGEMテーマ:スポーツ

東陽フェニックスAチーム、江東区民大会1回戦江東ファイターズ!

 

雨のために一週順延となった第72回江東区民大会一回戦は、打って変わって晴天に恵まれた4月22日(日)の8時前から夢の島6面で江東ファイターズ相手にプレーボールとなった。

 

後攻の東陽フェニックスは、初回、先発の市川龍惺が自慢の速球を唸らせて連続三振を奪うが、3番バッターにストレートの四球、一瞬嫌なムードが漂うも、5年生キャッチャーの山岸優斗が強肩で盗塁を阻止して無失点で切り抜ける。するとその裏、一死か連続四球でチャンスを作ると、4番市川龍惺がセンターへタイムリー2点ヒット、さらに1点を追加して3点を先取した。

 

しかし、幸先の良いスタートを切ったと思ったのも束の間、2回表に四球からピンチを招くと内野のミスで1点を失い、さらに、3回表には、連続四死球に暴投が絡んで無死二三塁のピンチを招いてしまう。

 

ここでリリーフに立った佐俣快成は、ピンチに動ぜずに相手主力を迎えてマウンドで仁王立ち。一人目をキャッチャーゴロで三塁走者をくぎ付けにすると、続くバッターもピッチャーフライ、セカンドフライに仕留めて無失点に抑える炎のピッチングを見せた。

 

ピンチの後はチャンスの言葉通り、3回裏には一死から3番の吉田慎作がヒットで出塁すると、続く市川龍惺、山岸優斗も四球でチャンスを広げ一死満塁、ここで土田夏輝が2点スクイズを決めて、5対1とリードを広げることができた。

 

しかしここですんなり終わらないのが野球。最終回となった5回表に、外野のエラーが絡んで一気に3点を返されて5対4と苦しい展開になり、さらに一死から四球で同点の走者を許す苦しい展開になるが、ここで佐俣快成が踏ん張り、それに応えるように、連続ショートゴロを堅実にキャプテンの佐藤優太がさばいて時間切れゲームセット、何とか逃げ切って二回戦へ駒を進めることができた。

 

なかなかエースが決まらない投手事情があるものの、それぞれが持ち味を生かして役割を果たして、さらに味方のエラーにも動揺することなく対応できた試合となった。

 

仲間を信じて心を一つにして戦う。

 

この合言葉に一歩近づく戦いぶりを見せてくれた東陽フェニックスAチーム。二回戦も苦しい展開になっても、全員野球で勝利をもぎ取って欲しいと思う。

 

頑張れ、東陽フェニックスAチーム!

 

試合前の背番号確認、大きな声で審判に返事をする東陽フェニックスの選手たち。

さぁ、江東区民大会の初戦だ、丁寧に行こうぜ。

この日は朝から暑さすら感じる天気となった。

先発の市川龍惺(四砂小6年)は、荒れたピッチングで3回途中降板となった。

なぜ、ということを考えよう。

キャプテン佐藤優太(四砂小6年)は、この試合、セカンド、ショートで

堅い守備を見せてチームに勝利を呼び込んだ。

5年生キャッチャーの山岸優斗(北砂小5年)は、強肩で盗塁を阻止、ピンチの芽を摘んでチームを盛り上げた。

3番サードの吉田慎作(四砂小6年)は、3回裏にヒットを放って追加点のお膳立てをした。

治田和(四砂小6年)は、2回裏にセンターへヒットを放って成長の跡を見せてくれた。

9番バッターの長谷川太一(四砂小6年)は、俊足を生かして二つのバントを決めた。

自分の持ち味を生かしてチームの勝利に貢献することは、団体スポーツの野球にとって、

とても大切なプレーだ。

3回表の無死二三塁で、さらに上位打線を迎える場面でリリーフした佐俣快成(南砂小6年)は、

炎のピッチングで無失点に抑えた。本当に芯の強い子だ。

そうなのだ、まずは肩の力を抜いてリラックスすることが大事、市川龍惺、小杉ナンバーを

背負っているのだから、硬くならずに頑張れ。

ライトを守る平川美月(四砂小6年)。一つのプレーが大きく流れを変え、

チームにチャンスもピンチも招く、ということを覚えて欲しい。野球は失敗のスポーツ、

次の試合で取り返そうぜ。

6番ファーストの土田夏輝(四砂小5年)は、3回裏に絶妙なスクイズを決めて、

チームに貴重な追加点をもたらした。

最終回はヒヤヒヤものだったが、初戦を突破して応援のご父母の皆さまにお礼する東陽フェニックスAチーム。

次も頑張ろうぜ。

試合後、東陽小に帰り、春休みの朝練の皆勤賞でご褒美(選抜甲子園大会の下敷き)を贈られる選手たち。

佐藤優太、市川龍惺、佐俣快成の6年生に加えて、佐俣良成、野見山桔平(南砂小3年)、日野太瑛(北砂小3年)、小林俊介(東陽小3年)、漆原大起(南陽小3年)の8名が解禁賞を獲得した。練習はウソをつかない、必ず好結果に結び付くだろう。

 

 

2018.05.14 Monday 15:41 | comments(0) | - | 
<< 東陽フェニックスBチーム、第45回関団連朝日旗争奪大会ジュニアの部のご報告 | main | 東陽フェニックスAチーム、江東区民大会二回戦ビッグフォージュニア >>